レノボの大人気エントリーノート「ThinkPad E440」をモニターさせてもらえる機会を頂けましたので、こちらで写真付きのレビューを掲載させていただきます。「ThinkPad E440」は消費税増税後にさらにお買い得になったノートパソコンで、現在進行形で人気沸騰中なんです。だから、今回レビュー記事を書く機会に恵まれたのは素直に嬉しかったりもします。

「ThinkPad E440」正面1

こちらが「ThinkPad E440」の正面写真となります。重量は約2.12kgということもあって、やはり手で持つとずっしりとした重さを感じます。(「ものすごい重たい!」というほどではないですが)ただ、それ以上に手で触ってみると頑丈そうに感じるから不思議です。(単なる気のせいな気もしますが)

あと、画面にちょっと光が映り込んでしまってますね。ごめんなさい!ただ、やはり液晶画面が14.0型HD液晶 (1366 x 768 光沢なし)だけあって、液晶画面に対する映り込みは少ないですね。これなら長時間の使用でも、目が疲れにくそうです。

「ThinkPad E440」右側

「ThinkPad E440」の右側です。USBポートにモジュラージャック、DVDドライブなんかがこちら側に用意されてます。結構、横から見ると薄っぺらく「よくこの薄さの中にDVDドライブを入れ込んだな・・・」と感心してしまうばかりです。

「ThinkPad E440」DVDドライブ

DVDスーパーマルチドライブのカバーを開けてみたときの図です。なんか、こう「薄さの限界に挑戦してみました」というのが、伝わってくるようなドライブですね。(もちろんちゃんと動きますよ♪)

「ThinkPad E440」左側

対して、こちらが「ThinkPad E440」の左側です。USBポートが2つに出力ケーブル、ヘッドフォン用のジャックに放熱孔なんかが見えてます。

「ThinkPad E440」キーボード

「ThinkPad E440」のキーボードです。キーボードのレイアウト自体はどのレノボ製ノートパソコンでも変わりはないようです。(レノボ赤いボタンも健在ですしね)試しにこのノートパソコンでブログ記事を書いてみましたが(今見ている、この記事です(笑))、結構、すらすらと書けて使いやすかったですよ。

ちなみに写真の左上に見えているボタンみたいな物が、この「ThinkPad E440」の起動スイッチとなります。正直、レノボが売りにしている「長時間使い続けても、疲れにくい仕様~」が事実なのかは分かりませんでしたが、安定して使い倒せるキーボードであることは間違いないでしょう。(「Ctrl」が左下に無いのが嫌という人はいるかもしれませんが・・・)

「ThinkPad E440」正面2

その後も実際にカフェでブログ記事を書いたり、youtube動画を閲覧してみたりと使い続けてみたのですが、普段使っているノートパソコンと同じく、すらすらと使いこなせて扱いやすかったですよ。(ちなみにバッテリー実駆動時間は約7.7時間になってますが、実際は5時間程度だったので、そこだけは要注意!)使っていて「おお!すげー!」みたいな感動(?)があるわけではありませんが、格安の予算で末永くノートパソコンを使い続けたい人にはうってつけの一台なのではないでしょうか。

最安構成の「ThinkPad E440」エントリーパッケージ版ならば、基本性能がOS「Windows 8.1(64bit)」、CPU「インテル Celeron プロセッサー 2950M (2GHz, 2MB, 1600MHz)」、メモリ2GB、320GBハード・ディスク・ドライブとなり、しかも「DVDスーパーマルチ・ドライブ」標準搭載付きでありながら、お値段は46440円(税込・送料無料・割引クーポン適用前)、25%割引クーポンも適用して34830円(税込・送料無料)で購入可能ですよ。また、お値段ごとに他にも多数のモデルが用意されておりますし、カスタマイズも自由自在に行えますから、自分好みの一台に仕上げても面白いでしょう。

ThinkPad E440」はレノボの一番売れ筋のノートパソコンで、常にお買い得街道まっしぐらの一品ですから、予算10万円以内で品質の良いノートパソコンをお探しの方がもしおりましたら、ぜひとも「ThinkPad E440」をチェックしてみてください!(その際、もしご購入されるのでしたら「WEB広告限定クーポン」のご利用をお忘れなく!25%割引で購入出来るようになりますので、使わないのは大損です!)

スポンサーリンク