<おすすめ記事>

  1. 10万円未満で買えるコスパの高いおすすめ高性能ノートパソコン
  2. 税込8万円台で第7世代CPU搭載の17.3型ノート~「HP 17-x100」
  3. 税込10万円未満でGTX1050搭載の15.6型ノート~「Legion Y520」
  4. 6万円弱でメモリ8GB&Corei5搭載の15.6型ノート~「Ideapad 510」
  5. 税込9万円未満でSSD256GB搭載の11.6型タブレットPC~「Lenovo YOGA 710」
このエントリーをはてなブックマークに追加

「ThinkPad X250」の実機をお借り頂ける機会に恵まれましたので、いつものようにカフェで実機に触りつつ、レビューをさせてもらいました!

↓今回、ご紹介するレビュー機の公式ページ

thinkpad-x250-syoumen1

「ThinkPad X250」は本体が頑丈でかつバッテリーが長持ちする12.5型モバイルノートパソコンさんです!見た感じは地味な黒色ノートパソコンですが、その分、どんな人にも万人受けしやすい安定の一台に仕上がってますよ。

本当に地味すぎて語ることすら無いぐらいなのですが(汗)、逆に使えば使うほど味が出るスルメのようなノートパソコンと言えますね!今回はそんなスルメ風味なレノボ製ノートパソコンをご紹介していくことにします。

スポンサーリンク

お借りした「ThinkPad X250」の基本スペック

今回お借りした時期は比較的ハイスペックな性能にまとまってますね!

製品名(型名) ThinkPad X250
ディスプレイ 12.5型HDのノングレア(非光沢)液晶(LEDバックライト)搭載。
解像度は「1366×768ドット」です。
OS Windows 10 Home 64ビット – 日本語版
CPU インテル Core i7-5600U プロセッサー(2.60GHz,4MBキャッシュ)
メモリ 8GBです。 仕様:PC3-12800 DDR3L (1スロット使用)
記憶領域 HDD500GBです。
ドライブ DVDスーパーマルチドライブ搭載です。
グラフィック インテル HD グラフィックス 5500(CPU内蔵)
ワイヤレス インテル Wireless-N 7265 + Bluetooth 4.0
外部ポート USBポート「USB3.0x1、Powered USB3.0x1」
Mini-Displayportx1,、RJ-45、電源ジャック
マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
サイズ 幅305.5mm×奥行き208.5mm×高さ19.9-20.3mm
重量 約1.45kgです。
バッテリー
駆動時間
約16.9時間です。
無料の
保証期間
1年間の無料引き取り修理。
価格 通常189000円のところ、今なら割引価格で120960円にて購入可能!
その他 キーボード「フルサイズ・キーボード(6列配列)、
89キー(Fnキー、PgUpキー、PgDnキー、Windowsキー有)、JISひらがな配列」内蔵。
ポインティングデバイス「TrackPoint + ThinkPadクリックパッド」
HDカメラ内蔵。
スピーカー「デジタルマイクロフォン/ステレオ・スピーカー、
DOLBY ADVANCED AUDIO v2対応」

液晶はノングレア(非光沢)で写りこみ無し!

thinkpad-x250-syoumen3

非常にしっかりとしたノングレア(非光沢)液晶なので、目は疲れにくいです。多少光が入り込むぐらいで、あとは問題のない出来具合になってますよ。

長時間ノートパソコンを連続使用したい方にはうってつけですね!

6セルのバッテリーを付けると出っ張ります

thinkpad-x250-bottom

今回お借りした実機はよりバッテリーが長持ちする「6セルリア(後部)リチウムイオン システム・バッテリー」を標準で搭載していたため、底面が少し出っ張っております。(カスタマイズで選択可能)

thinkpad-x250-batterytime

その分、バッテリーの持続時間は16時間弱と突き抜けてますけどね。

もっとも「ThinkPad X250」は元からバッテリーの持続時間が長いため、よっぽど丸一日ノートパソコンを外出先で使い倒すような人でなければ、6セルのバッテリーは不要でしょう。あくまで搭載するか否かは好みの問題になりますね。

天板も安定のレノボブラックカラー!

thinkpad-x250-top

天板は「ThinkPad」の文字が刻まれた、安定のレノボブラックカラーです。シンプルで地味なだけでなく、触り心地がガッチリしていて、丈夫さを感じさせてくれる作りになってますよ。

もし不意にノートパソコンとかを落下させてしまったとしても、「ThinkPad X250」さんならば、そう簡単には壊れないでしょう。(もちろん当たり具合や衝撃度合いにもよりますが)

充実した側面のポート!

thinkpad-x250-right

こちらは右側面。DVDドライブにSDカードリーダー、USBポート、マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャックが右側面にお目見えしてますね。

あと、何気にSIMスロットを搭載しているのが特徴です。最初にふたを外さないといけない手間はあるものの、うまくいけばSIMカードを使うことも出来ますね!(レンタル機なので、実験はせず)

thinkpad-x250-left

対してこちらは左側面。USBポートにMini-Displayportポート、パソコン充電ポートなどなど、盛りだくさんに詰まってます。

ただし、HDMIポートは搭載されていないなので、その点は要注意ですね!

「ThinkPad X250」のキーボード。

thinkpad-x250-keyboard1

「ThinkPad X250」のキーボードです。打ち心地抜群で使い勝手の良い作りになってます。

ただ、キーボードの左下にあるのが「Ctrl」キーではなく「Fn」キーのため、同業他社のノートパソコンを使っていた場合、ここで違和感を感じる人はいるかもしれませんね。(慣れれば特に問題ない点ではありますが)

thinkpad-x250-keyboard2

また、同業他社のノートパソコンとは違い、キーボードにトラックポイントと呼ばれる赤いボタンが付いているのも、レノボノートパソコンの大きな特徴だったりします。

もっとも私自身、レノボ製ノートパソコン「ThinkPad E440」を愛用している身ではありますが、実はトラックポイントをあまり使っていなかったりします。(汗)

thinkpad-x250-touchpad-1

どちらかというとマウスを触るような感覚で使い倒せるタッチパッドの方が便利ですね!慣れるとマウス不要で文字入力とかを行えるので、便利便利♪

このタッチパッドさん。「ThinkPad X250」以降の新シリーズで新しく搭載されたみたいですね。ありがたやありがたや♪

カスタマイズ次第では安く買うことも可能!

「ThinkPad X250」はレノボ直販サイトで購入される場合、自分の予算とニーズに合わせて、事細かにカスタマイズが出来るのが特徴です。

今回お借りした実機は非常にハイスペックですけど、実はバッテリーを3セルに戻し、CPUを「インテル Core i5-5200U プロセッサー」にスペックダウンするだけで、なんとお値段93312円(税込・送料無料・割引後)まで引き下げることができちゃったりもします。

もちろん逆にスペックダウンとは別に追加でSSDを搭載することも可能ですよ!(ただし、SSD256GBの追加で35640円と高いけど(汗))このように自分の好みで自由自在にカスタマイズ出来る点もレノボ直販サイトで購入するメリットと言えますね!

まとめ

thinkpad-x250-syoumen5

使いこめば使いこむほどしっくりくるというか味が出るというか。「ThinkPad X250」って、本当に地味で堅物なノートパソコンなのですけど、安定して使えるんですよね。この辺の使い心地が人気の秘密なのかも。

あと、液晶がノングレア(非光沢)のおかげで、目が疲れにくいのもありがたいですね!特に外出先で文章作成とかを頻繁に行う方やWEBで情報収集する機会の多い方にうってつけですね!

バッテリーも10時間以上持ちますし、重量も約1.31kgと控えめなので、ノートパソコンを持ち歩く機会の多い方に「ThinkPad X250」をオススメします!(もしご購入されるのであれば、購入ページに書かれているE-クーポンコードのご利用をお忘れなく!

↓本製品の詳細はこちら!

スポンサーリンク