<おすすめ記事>

  1. 10万円未満で買えるコスパの高いおすすめ高性能ノートパソコン
  2. 税込8万円台で第7世代CPU搭載の17.3型ノート~「HP 17-x100」
  3. 10万円未満で買えるGTX1050搭載の15.6型ノート~「Legion Y520」
  4. 8万円弱でCorei5&SSD搭載の15.6型ノート~「ThinkPad E570」
  5. 税込9万円未満でCorei5&SSD256GB搭載の13.3型ノート~「ideapad 710S Plus」
このエントリーをはてなブックマークに追加

thinkpad-x1-yoga-syoumen3

とろろ(@tororo05304029)です。こんにちは!

今回はレノボ製14型タブレットPC「ThinkPad X1 Yoga」のレビューです!

「ThinkPad X1 Yoga」は薄くて軽くてお絵かきも可能と変幻自在な14型タブレットPCで、SSD搭載のためパソコンの動作も高速でサクサクですし、おまけにバッテリーも長持ちといいこと尽くしの一台ですから、持ち歩き用のお供におすすめですよ!

↓WEB広告限定クーポンはこちら!

↓今回、ご紹介するレビュー機の公式ページ

スポンサーリンク

今回ご紹介する「ThinkPad X1 Yoga」の基本スペック

今回ご紹介する「ThinkPad X1 Yoga」レビュー機の基本スペックです。

製品名(型名) 「ThinkPad X1 Yoga」ハイパフォーマンスパッケージ版
ディスプレイ 14型WQHDグレア(光沢)IPS液晶(LEDバックライト)搭載。
解像度は「2560×1440ドット」で、マルチタッチパネル(10点)搭載です。
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル Core i7-6500U プロセッサー(2.50GHz,4MB)
メモリ 8GBです。 仕様:LPDDR3 1866MHz
記憶領域 256GB ソリッドステートドライブ SATA (OPAL対応)です。
ドライブ 未搭載です。
グラフィック インテル HD グラフィックス 520
ワイヤレス インテル Dual Band Wireless-AC 8260(2×2) + Bluetooth 4.1 vPro非対応
高速無線LAN内蔵です。
外部ポート USBポート「USB 3.0×2、Powered USB 3.0×1」
Lenovo OneLink+ x 1、miniDisplayPort x1、HDMI x1、
マイクロフォン・ヘッドフォンコンボジャック×1
microSDメディアカードリーダー内臓
サイズ 幅333mm×奥行き229mm×高さ15.3-16.8mm
重量 約1.36kgです。
バッテリー
駆動時間
最大約9.8時間と長持ちです。
無料の
保証期間
1年間の無料引き取り修理。
価格 通常272160円のところ、割引価格で190512円(税込・送料無料)で購入可能!
その他 「ThinkPad X1 Yoga」専用ペン付属。
キーボード「フルサイズ・キーボード (6列)、
89キー(Fnキー、PgUpキー、PgDnキー、Windowsキー)、JIS配列」内蔵。
(英語キーボード(USキーボード)に変更可能)
ポインティングデバイス「TrackPoint + ThinkPadクリックパッド(3+2クリックパッド)」
720pHDカメラ内蔵。
スピーカー「デジタルマイクロフォン/ステレオスピーカー
(Dolby Audio Premium機能付き)」

典型的な「高性能・高単価タブレットPC」というヤツですね。

タブレットPCなので、変形はお手の物!

thinkpad-x1-yoga-syoumen8

普段はノートパソコンとして使用するこの「ThinkPad X1 Yoga」さんですが、ディスプレイをクルクルクルと回転させることで、タブレットとしても使うことが出来ますよ!

thinkpad-x1-yoga-tablet

こんな感じにね。ただ、重量約1.36kgあるので、純粋にタブレットとして使おうとすると、非常に使いづらいかもです(汗)。

thinkpad-x1-yoga-syoumen4

個人的にはタブレットとして使うのは電車の中とかの一部の場所だけにとどめて、普段は机の上とかに立たせて使った方がいいですね!

この方が使い勝手が良いですので!

thinkpad-x1-yoga-syoumen7

もしくは上記のような立たせ方をするのもありですね!自分がタブレットモードとしてお試しで使っていた時には、主に上のようなフォームで「ThinkPad X1 Yoga」をイジイジしていました!

このように自分の好みに併せて、自由自在に変形させることが出来るのも「ThinkPad X1 Yoga」の魅力と言えますね!

そもそも外箱がリッチ過ぎるのですが(汗)

thinkpad-x1-yoga-box1

最初に「ThinkPad X1 Yoga」に触れた時にビックリしたのは、このご立派な外箱です。何ですか?この高級感あふれる外箱様は(唖然)。

普段は外箱とかには微塵も興味の無い私ですが、あまりにも美しい外箱だったので、思わず家で撮影してしまいました!

thinkpad-x1-yoga-box2

で、中を開けてみると、またも質の良さそうな袋に包まれた「ThinkPad X1 Yoga」さんが!どこまでもこだわりますね!このお方!

日本HP社の「あの高級タブレットPC」に対抗意識でも燃やしているのかな?(本体の格好良さで負けているけど)真相はさておきとして、外箱からしてだいぶ立派な作りになっているようです。

thinkpad-x1-yoga-box3

ちなみに箱の中に入っている小さめのメッセージカードには「WELCOME」の文字が!なかなか粋な演出をしますね!レノボ様!

ディスプレイは「グレア感バリバリ&IPS液晶万歳」仕様です!

thinkpad-x1-yoga-syoumen5

ディスプレイはもう写真を見れば一目瞭然なぐらいグレア(光沢)感がバリバリ出てますね。周囲の風景がもろに写りこんでます(汗)。

thinkpad-x1-yoga-screen1

実際のところ「2560×1440ドット」の高解像度を誇るので、素人目な私から見ても、画像映りは非常に綺麗ですし、

thinkpad-x1-yoga-screen2.

IPS液晶なので、斜めから見ても映りが鮮明なのがよく分かる、作りの良いディスプレイではあるのですけどね。長時間連続使用していると人によっては目が疲れてくるかもしれません。

慣れればグレア(光沢)液晶でも結構いけるのですが、人によってはグレア(光沢)液晶に違和感を感じる人がいるかもしれないということは頭の片隅に入れておきましょう。

お絵かきも余裕で出来ますよ!

thinkpad-x1-yoga-right2

「ThinkPad X1 Yoga」には本体に収納して充電が可能な専用のペンが右側面に付属で収納されており、いつでも自分の気の向いた時に使うことが可能です。

thinkpad-x1-yoga-pen2

ペンの形はこんな感じ。大きさは小ぶりですね。

thinkpad-x1-yoga-pen3

あくまで素人的な感想にはなりますが、パソコン上で絵とかは描き易かったですよ!細かい部分まできめ細かに描き易くて、使い心地は良好です!

この専用ペンがあれば、お絵かきが出来るのはもちろんのこと、ちょっとしたメモに使うのにも持って来いですね!こんな便利な専用ペンがデフォルトで収納されているのはありがたい限りです!

アダプターは小型です!

thinkpad-x1-yoga-battery1

アダプターは小型に作られています。これぐらいの小ささであれば、若干はかさばるものの、バックの中に入れて持ち歩くことも可能でしょう。

thinkpad-x1-yoga-battery2

ただ、もともと「ThinkPad X1 Yoga」さんはバッテリーの持続時間が9時間以上と長持ちなので、小型のバッテリーを持ち歩く必要はほとんど無いのですけどね。

一応、「バッテリーは小型で持ち運びしやすいですよ」とだけご紹介しておきました。

有線LAN用のコネクターなんて物もあります

thinkpad-x1-yoga-port2

「ThinkPad X1 Yoga」が一風変わっているのは、なぜか有線LAN用のコネクターが用意されていることなんですね。

thinkpad-x1-yoga-port1

コネクターの接合部分はこんな感じです。

thinkpad-x1-yoga-port3

実際に使用するときは左側面に差し込んで使うみたいなのですけどね。

・・・そもそも有線LANポートはノートパソコン側に内蔵してあげれば、それでOKだったのでは?何でコネクターとして分離されているのだろう?

この辺は「不思議な作りをしているな」と思ったのが実直な本音だったりします。

天板はいつも通りのレノボブラックテイスト!

thinkpad-x1-yoga-top2

天板はいつも通りのレノボブラックテイストです!安定の地味さ加減ですね。はい。

ただ、この天板は見た目以上に丈夫に作られていて、触った感じでも「カチカチおせんべいですか?アナタは?」とツッコミを入れたくなるぐらい、硬く作られているのが特徴です。

この辺の実質剛健ぶりもレノボノートパソコンの魅力と言えますね!

底面はこんな感じです

thinkpad-x1-yoga-bottom

「ThinkPad X1 Yoga」の底面です。ちょっと分解してSSD換装とかを出来るような雰囲気ではないですね(汗)。

もっとも「ThinkPad X1 Yoga」自体は標準でSSD搭載のため、よほどコアな人でも無い限りは分解の必要性なんて皆無ですけどね。一応、「分解は難しいよ」とだけ、ここでは述べておきます。

側面から見るとよく分かりますが、非常に薄い本体です!

thinkpad-x1-yoga-right1

「ThinkPad X1 Yoga」右側面

thinkpad-x1-yoga-left

「ThinkPad X1 Yoga」左側面

右側面と左側面を見れば一目瞭然ですが、まず本体の厚みが非常に薄いです!「よくここまで厚みを抑えたな!」と思わず褒めたたえたくなるほどの薄さです。

これだけの薄い側面の中に電源スイッチ、パソコンの音量ボタン、専用ペンの収納ポート、HDMIポート、USBポート、ヘッドフォン用のモジュラージャックと盛りだくさんに詰め込んでいるわけですから、凄いですね!

ただ、microSDカードリーダーの位置だけは変わったところにあって、

thinkpad-x1-yoga-back1

なぜか後ろ側面に配置されているんですね。最初、素で気づきませんでした(汗)。

しかも写真を見て分かる通り「microSDカードリーダー」なので、一般的によくデジカメで使われているタイプのSDカードリーダーを差し込んで、パソコン内にデータを取り込むことは出来ません。

一応、デジカメ用のコネクトポートは左側面にありますから、パソコン内にデータを取り込むこと自体は可能ですけどね。SDカードをパソコンに直接差し込むことが出来ないのは、何気に使っていて不便でした。

この辺はもしこれから「ThinkPad X1 Yoga」の購入を考えられている方がおりましたら、注意が必要な部分ですね!

キーボードは安定の使い心地です!

thinkpad-x1-yoga-keyboard.

キーボードは特別こだわりのある人以外であれば、使い心地抜群ですよ!

しいて違和感がもしあるとするならば、「ctrl」キーが最下段の左端に無いことぐらいでしょうか。思いつきそうな欠点と言えば、それぐらいですね。

thinkpad-x1-yoga-touchpad

個人的にはタッチパッドにマウスの左クリックボタンと右クリックボタンがデフォルトで内蔵されているところがありがたいですね!

このタッチパッドさん。使い心地が良くて、慣れてくると、タッチパッドだけで全ての操作が可能になるんですよ!(人によってはマウス不要になる場合も)

この辺のタッチパッドの作りの良さも「ThinkPad X1 Yoga」の魅力の一つと言えますね!

「THE 上質タブレットPC!」を地で行く一品ですね!

thinkpad-x1-yoga-syoumen9

カフェで3~4時間ぐらい「ThinkPad X1 Yoga」を実機使用していたのですが、使えば使うほど味の出るスルメさんみたいなこだわりのタブレットPCですね!

長く触っていると、自分の手に馴染んでくるというか、親しみが持てるというか。ちょっと表現がしづらいのですが、そのような安心感を感じさせてくれるタブレットPCさんでした!

他にも「ThinkPad X1 Yoga」さんは、パソコン本体の熱さを抑えてくれる「インテリジェント・クーリング・システム」が搭載されていたり、タブレットに変形させたときに、キーがロックされて沈み込まなくなるLift’n’ Lock(リフトンロック)システムを採用していたりと技ありの一品だったりするのですけどね。

この辺は使っていてあまりに地味だったので気づかなかったです。あとで公式の販売ページを見た時に初めて知ったというのがぶっちゃけた本音ですね(←おい)。

でも、ひとまずは素人目の私が使っても使い心地は抜群でしたので、
「多少予算がかかっても良いから、高性能なタブレットPCが欲しい!」
という方がもしいらっしゃれば、「ThinkPad X1 Yoga」をおすすめします!

なお、もしご購入されるのでしたら「WEB広告限定クーポン」のページに書かれているEクーポンコードのご利用をお忘れなく!(販売ページで書かれているクーポンよりもお安く購入可能な特別WEB広告クーポンです!)

↓WEB広告限定クーポンはこちら!

↓本製品の詳細はこちら!

スポンサーリンク