<おすすめ記事>

  1. 10万円未満で買えるコスパの高いおすすめ高性能ノートパソコン
  2. 税込8万円台で第7世代CPU搭載の17.3型ノート~「HP 17-x100」
  3. 税込10万円未満で買えるGTX1050搭載の15.6型ノート~「Legion Y520」
  4. 8万円弱でCorei5&SSD搭載の15.6型ノート~「ThinkPad E570」
  5. 税込9万円未満でCorei5&SSD256GB搭載の13.3型ノート~「ideapad 710S Plus」
このエントリーをはてなブックマークに追加

デルで販売中の高性能ノートパソコン「New XPS 15」の実機をお借りできる機会に恵まれましたので、早速、お試しで実機を使いつつ、レビューをさせてもらいました。

「New XPS 15」はディスプレイのベゼル(枠、縁、額縁)と本体の厚みを極限まで抑えることで、15.6インチノートパソコンを14インチノートパソコンのサイズにまで強引に抑え込んだ、職人芸仕込みのノートパソコンになります。

↓「New XPS 15」の最新公式ページ

↓今週の限定イチオシ品はこちら

xps-15-2016-syoumen1

上の写真に写っているのが「New XPS 15」さん。液晶のグレア(光沢)感がバリバリ出てしまってますが(汗)、こちらが最新鋭の15.6インチノートパソコンになります。

xps-13-platinum-gold-bezel.

この「New XPS 15」さんもXPSシリーズの流れを汲んでますので、ディスプレイのベゼル(枠、縁、額縁)が狭まっているのが大きな特徴です。もちろんベゼル幅が小さいだけでなく、それ以外の部分でも高性能なノートパソコンに仕上ってますよ。

今回はそんな「New XPS 15」さんをご紹介していきます。

スポンサーリンク

「New XPS 15」の基本スペック

今回、実機でお借りした「New XPS 15」レビューモデルの基本スペックです。

俗に言う超ハイスペックモデルと言うヤツで、よほど「オンラインゲームも高画質かつ高速でサクサクと動くモデルで無いと嫌だ!」というので無ければ、ここまで性能はいらないですね。(より安価なモデルもありますので、ご安心を)

製品名(型名) New XPS 15
ディスプレイ 15.6インチ 4K Ultra HD InfinityEdge タッチ、スライバー搭載。
液晶はグレア(光沢)で、解像度は「3840×2160ドット」です。
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU 第6世代インテル Core i7-6700HQ クアッドコア
(6M キャッシュ、最大 3.5 GHzまで可能)
メモリ 16GBです。(デュアルチャネル DDR4 2133MHz 8GBx2)
記憶領域 SSD512GB(PCIe)です。
ドライブ 未搭載です。
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 960M 2GB GDDR5
ワイヤレス DW1830 3×3 802.11ac 2.4/5GHz + Bluetooth 4.1
高速無線LAN内蔵モデルです。
外部ポート 外部出力ポート「HDMI×1」
USBポート「USB3.0x2(両ポートともPowerShare対応)」
メディアカードリーダー×1
ヘッドセットジャックx1
SDカードリーダー(SD、SDHC、SDXC)等
サイズ 幅357mm×奥行き235mm×高さ11(最薄部)-17mm(最厚部)
重量 約2kgです。
バッテリー
駆動時間
最大約10時間。
無料の
保証期間
1年間(引き取り修理サービス、パーツ保証)、使い方サポート(1年間)。
価格 269979円(税込・送料込)
その他 「マカフィー リブセーフ(12ケ月間更新サービス)」搭載
「ACアダプター、電源コード、保証書」付属
日本語キーボード(バックライト付き)
WEBカメラ内蔵
デュアルデジタルアレイマイク内臓
ステレオスピーカー内蔵

CPU「インテル Core i7」・メモリ16GB・SSD512GBで、「NVIDIA GeForce GTX 960M 2GB GDDR5」搭載って、恐ろしくぶっ飛んだ性能に仕上がってますね。(その分、お値段もぶっ飛んでますが(汗))

ディスプレイはまるで高級鏡ですね

xps-15-2016-syoumen2

デジカメで持っている手がはっきりくっきりと映るぐらいの光沢(グレア)ぶりです。もちろん自分の顔も鏡のようにくっきりと映ります。

「ここまでグレア(光沢)感バリバリにしなくてもいいのにな(汗)」というのが管理人の正直な本音なのですが、なんにせよグレアが凄いのが「New XPS 15」に限らず、XPSシリーズ全般に言える大きな特徴と言えますね。

xps-15-2016-syoumen11

もちろんその分、解像度は「3840×2160ドット」とぶっ飛んでいて、ディスプレイの映りは素人目の私から見ても非常に綺麗なのですけどね。ただ、グレア感は凄いので、長時間の連続利用は目が疲れそうです。

3時間ぐらいの時間で映画を見るといった使い方にとどめるのが丁度良さそうです。

バッテリーは独特仕様

xps-15-2016-battery1

「New XPS 15」のバッテリーは見るからに独特な仕様になっていて、コードが本体にグルグル巻きになっています。

xps-15-2016-battery2

ちゃんと裏側にはフックも付いていますので、コードを束ねやすいのがウリです。このような作りになっているのは、バッテリーを持ち歩く際に邪魔にならないようにデルさんが配慮してくれた結果なのかもしれませんね。

ただ、「XPS 13」とは違い、バッテリーも大型になってますから、持ち歩きにはちょっと不向きですね。

xps-15-2016-batterystocktime

もっとも、「New XPS 15」は実働ベースで約8時間は持続しますので、バッテリーを持ち歩く必要が無いので、あまり気にしなくても良さそうです。

基本、バッテリーは家に据え置きで使うことになるでしょう。(せっかくの独自仕様ですけどね)

極端に厚みを抑えた側面

xps-15-2016-right

「USBポートの高さすら邪魔なんだ!」と言わんばかりに厚みを極端に抑えられているのが「New XPS 15」に限らず、XPSシリーズの大きな特徴だったりします。

「本体の厚みを抑えるところまで、抑えてやったぜ!」
という言葉が「New XPS 15」さん側から聞こえてきそうですね。

ちなみに右側面にはUSBポートとSDカードリーダーが。

xps-15-2016-left

左側面にはパソコン充電ポートにUSBポート、ヘッドフォンのモジュラージャックなんかが詰まってますよ。

厚みを抑えている分、ポート類は必要最小限度にとどまってますね。

14インチの「ThinkPad E440」と大きさを比較してみる

xps-15-2016-heiretu5

正面から14インチの「ThinkPad E440」と15.6インチの「New XPS 15」を並べてみました。

こうして見ると全く同じサイズのノートパソコンにしか見えないですね。「『New XPS 15』さんは本当に15.6インチノートパソコン?」と思わずツッコミを入れたくなるレベルです。

xps-15-2016-heiretu4.

上から重ねてみても、ほぼ同じ大きさに見えます。「XPSの方が若干大きいかな?」ぐらいの差でしょう。

14インチノートパソコンと比較すれば、「New XPS 15」はいかに大きさを縮められた一品かがよく分かりますね。

xps-15-2016-heiretu3

厚みは「New XPS 15」の方が断然薄く納まってます。いやはやお見事!(とは言っても「ThinkPad E440」はDVDドライブ付きなので、最新モデルと比較した場合はもう少し差は縮まりますが)

いつも通りのDELL製キーボード

xps-15-2016-keyboard1

15.6インチディスプレイを14インチにまで縮小した代価なのでしょうか。テンキーは未搭載となっております。その点は別段問題はありません。(必要なら別途用意すればいいだけの話なので)

xps-15-2016-keyboard2

問題は「Enterキー」と「BackSpaceキー」が同業他社様のノートパソコンに比べて小さいところでしょうか。この辺はDell製ノートパソコン共通の欠点なのですけどね。

慣れれば割と行けるのですが、最初のうちはこの2つのキーが小さいことに戸惑うかもしれませんね。

WIN SCORE SHAREでも、スペックを計測してみました

xps-15-2016-winscoreshare

グラフィックが未対応だったので、数値が出なかったのが残念なのですが、その他は軒並み高水準です。

特にプライマリーディスクであるSSDが非常に高水準ですね。(ちなみに数値は10点満点での採点となります)

xps-15-2016-update

そのおかげでパソコンの起動・終了はもとより、プログラムの更新アップデートも早かったです。この辺はさすがはデルご自慢のハイスペックノートパソコンといったところでしょうか。

オンラインゲームのベンチマークも2品だけチェックしてみました

主要なオンラインゲームとして、ドラゴンクエストXとファイナルファンタジーXIVのベンチマークもチェックしてみました。

ドラゴンクエストX

xps-15-2016-dx10-bench-fullhdmiddle

↑フルHDの標準品質であれば、快適そのものです。

xps-15-2016-dx10-bench-fullhdmax

↑フルHDの最高品質でも何とか遊ぶことが可能なレベルです。

xps-15-2016-dx10-bench-3840x2160max

↑ただし、解像度を最高の「3840×2160ドット」にまで上げてしまうと動作困難になりますから、フルHD「1920×1080ドット」の解像度に抑えた方がいいですね。

ファイナルファンタジーXIV

xps-15-2016-ff14-bench-fullhd

↑フルHDの場合は特に問題なしで快適に動いてくれます。

xps-15-2016-ff14-bench-3200x1800

↑解像度を「3200×1800ドット」に関しては、何とかギリギリ問題なく動かせる模様です。

フルHDの最高品質でも問題なく動くところが「New XPS 15」の凄い点ですね。

注意点として

ただし、一つだけ注意点としまして、解像度を「3840×2160ドット」の超高解像度にしてしまうと、キーボードの中央部分がビックリするぐらい熱くなります(体感で言うと40度くらい?)

どうやらキーボードの中心部分までは放熱がうまくいかなくなるようで、ベンチマークテストの時に触ってみたら、その熱さにビックリしました。(汗)

よって、せっかくの超高解像ディスプレイではありますが、オンラインゲームで遊ぶのであれば、フルHDの解像度に抑えておいた方が無難でしょう。(フルHDでもキーボード中央部がやや暖かくなりますが、ひとまず問題は無いレベルです)

実際に使ってみた感想

xps-15-2016-syoumen12

SSD標準搭載のハイスペックマシンなだけあって、オンラインゲームを含め、何をやっても堪能できる万能な一台ですね。

特に画質の綺麗さは文句なしのレベルなので、DVDを借りて映画を見る人やyoutubeで動画を見まくる人には、心強い相棒になってくれるでしょう。

その他、カフェでブログ記事を執筆したり、ブラウザーゲームやフリーゲームで遊んだりしていたのですが、キーボードの主要なキーが小さいのと、グレア(光沢)感バリバリな点以外は特に問題は無かったですよ。

「いつでもどこでも高性能な15.6インチノートパソコンを持ち歩きたい!」
そんな方にこそ「New XPS 15」がおすすめですね!

↓「New XPS 15」の最新版はこちら

↓今週の限定イチオシ品はこちら

スポンサーリンク