m-Book Wシリーズicon」の展示機を触らせて頂ける機会に恵まれましたので、早速レビューをしていきます。「m-Book Wシリーズ」はマウスコンピューター社の中で一番人気の大画面ノートパソコンで、週間売上ランキング1位を常に独占するツワモノの一品なので、個人的に触る機会に恵まれたのは素直に嬉しかったです!

mbookwintroduce

今回レビューをさせていただいたモデルは「m-Book Wシリーズ」の「MB-W800S-SH」です。このレビュー記事を書いている2014年11月10日現在のモデルは「MB-W801S-SH」ですので、一世代前のモデルですね。

まあ、写真に書いてあるスペックを見れば一目瞭然で、非常にハイスペックにまとまっております。CPU「インテル Core i7」、メモリ16GB、ハイブリッドHDDで、「NVIDIA GeForce GTX860M(2GB・DirectX 11対応)」も標準搭載と全く隙がありません。しいてあげるとすれば、バッテリーの持続時間が約4時間ちょっとと短いことくらいでしょうか。それを差し引いても非常にハイスペックですよね!

mbookwsyoumen1

こちらが「m-Book Wシリーズ」さんの正面画像。17.3型ワイドノングレア(非光沢)液晶(1920×1080/LEDバックライト)搭載の大画面ノートパソコンです。自分のデジカメ撮影スキルがしょぼいこともあって画質の写りが悪そうには見えますが、実際の本物はもっと美しかったです。(本当ですよ?(苦笑))

ただ、重量は約3.2kgということもあり、やはりずしっと重たさは感じますね・・・。最も両手で担げば、持ち歩けるレベルですので、部屋の中を自由自在に移動する分には大丈夫でしょう。「移動の自由がきくデスクトップパソコン」みたいな感覚でしょうか。

mbookwbenchmark

「m-Book Wシリーズ」の「MB-W800S-SH」のベンチマーク(性能指標みたいなもの)はこんな感じです。私自身はライトユーザーなので、正直、ベンチマークの基準というのがイマイチよく分かっていなかったりするのが本音なのですが、オンラインゲームをプレイするちょっと中身の詳しいバイト仲間曰く、

ノートパソコンの中では、スペック高いですね。さすがは「m-Book Wシリーズ」といったところかな。でも、まあやっぱりデスクには劣るわな!FFのベンチマークはデスクであれば10000超えはしているしね!(上記の7713とかかれた数字のことです)

らしいです。そ、そうなの?「m-Book Wシリーズ」の「MB-W800S-SH」って、「デスクとほぼ同じ性能!」って勝手に思い込んでいたのですが、やはりデスクトップパソコンの強力さには一歩劣るようですね。(とはいえ、デスクトップパソコンと一言で言っても、色々なモデルがピンからキリまであるので、何とも言えないところなのですが)

mbookwright

「m-Book Wシリーズ」の右側です。マルチカードリーダーやUSB3.0ポート、有線のLANポートや電話用のモジュラージャックなんかがこちら側にあるようです。・・・って、あれ?DVDスーパーマルチドライブが無い?もしかして左側か?

mbookwleft

と思って「m-Book Wシリーズ」の左側を見たらありました!DVDスーパーマルチドライブ!こちら側にDVDドライブがあるって、結構新鮮ですね!(と思うのは自分だけ?まあ、パナソニックのレッツノートはモデルによっては、キーボードの右下部分とかがパカっと空くようなものもありますけどね)

あとはUSB2.0ポートやヘッドフォンやマイク用のジャックなんかもこちらにありますね。

mbookwkeyboard

「m-Book Wシリーズ」のキーボードさんです。左上に電源ボタンがあるのが変わってますね。(キーボードのボタンの「End」と書かれた上にあるボタンです・・・って、言葉じゃ分かりにくい?)個人的には「Ctrl」キーがもっと大きいと嬉しいなとか、テンキーは不要かな等思うところはあるのですが、これはこれでキーボードのデザインとしてはいいのではないでしょうか。(キーボードはどんなものでも、大抵すぐに使い慣れますしね)

mbookwsyoumen2

インターネットにつながっていたわけでは無いので、あくまで「m-Book Wシリーズ」の本体を触っただけなのですが、DVDドライブが左についていること以外は、USBポート数も多くて使い勝手が良い一台なのではないでしょうか。「仕事も動画閲覧もゲームもノートパソコン1台で全て済ませたい!」というものぐさな人にオススメです!

今でしたら今回ご紹介した「m-Book Wシリーズ・MB-W800S-SH」の上位版にあたるモデル「MB-W801S-SH」さんが、OS「Windows 8.1(64bit)」、CPU「インテル Core i7-4710MQ プロセッサー(4コア/2.50GHz/TB時最大3.50GHz/6MB スマートキャッシュ/HT対応)」、メモリ16GB、HDD500GB+SSD128GBのハイブリッドHDDの性能で、お値段1万円(税別)OFF価格の119800円(税別)、消費税と送料も含めますと132624円で購入可能ですよ。

また、「m-Book Wシリーズicon」はWEB上で注文すれば3営業日以内に自分のお手元に届きますし、1年間無償保証・24時間×365日電話サポートと万全のサポートが付いておりますので、安心して使用することが出来ます。予算14~15万円で高性能な17.3型大画面ノートパソコンをお探しの方がいましたら、ぜひ「m-Book Wシリーズ」をチェックしてみてください。

スポンサーリンク