LuvBook Jシリーズicon」の展示機にありがたいことに触らせてもらえるきっかけに恵まれましたので、レビューさせてもらいます。「LubBook Jシリーズ」は約1.4kgと比較的軽量で液晶もフルHD「1920×1080」のノングレア(非光沢)液晶と使い勝手の良いモバイル向けな新型ノートパソコンです。

lubbookjsyoumen

こちらが「LubBook Jシリーズ」の正面画像。13.3型ノートパソコンで、ノングレア(非光沢)液晶ということもあり、画面への写りこみはほぼ無いですね。あと、重量約1.4kgということもあってか、本体の大きさの割には軽量で持ち運びしやすかったです。

ちなみに写真の画面に書いてある数値は「ベンチマーク」と呼ばれる指標なのですが、すみません。ライトユーザーの自分には見方がさっぱりさっぱりです。(汗)ただ、素人目線でも一ついえるのは、この「LubBook Jシリーズ」はNVIDIA未搭載なので、ゲームのプレイ用には不向きということでしょうか。WEBブラウザ上で遊べるゲームはいいとして、オンラインゲームで遊ぶのはやめておいた方がいいでしょう。

lubbookjright

「LubBook Jシリーズ」の右側面です。左から順にUSBポートが2個、カードリーダー、LANポート、充電ポート、ケンジントンロックの穴が見られます。(ちなみにケンジントンロックというのは、パソコン本体の盗難防止のための鍵とワイヤーがセットで付いたもの)とはいえ、ライトユーザーが使いそうなポートはUSBとカードリーダーくらいですね。

ちなみに「LubBook Jシリーズ」は残念ながらDVDスーパーマルチドライブが未搭載となっております。DVDの読み込み書き込みが必要な時は別途DVDドライブを用意する必要があるので、その点は頭の片隅に入れておくといいかもです。

lubbookjleft

対して「LubBook Jシリーズ」の左側面です。USBポートやHDMI出力ポート、ヘッドフォンのモジュラージャックなんかがこちら側に内蔵されております。

lubbookjkeyboard

「LubBook Jシリーズ」のキーボードです。欠点らしい欠点は特別見当たらず、打ちやすそうなキー配列です。使い勝手は良さそうですね。キーの配列って、長期で使えば使うほど、人によっては気になってくる部分ではありますから、「キーボードの使い勝手が良い」というのは地味ですが、大きなプラスポイントといえるでしょう。

本体の解説は以上なのですが、「LubBook Jシリーズ」さんは特別大きな欠点はなく、本体を触った限りでは全般的に使い勝手が良さそうな感じですね。(あくまで個人の主観ですが)しいて欠点があるとすれば、バッテリーの持続時間が約5.4時間とちょっと短めなところでしょうか。バッテリーの持続時間さえ気にしなければ、モバイルのお供にうってつけでしょう!

「LubBook Jシリーズ」は価格ごとに様々なモデルが存在するのですが、最小構成ですと、基本性能はOS「Windows 8.1(64bit)」、CPU「インテル Pentium プロセッサー 3558U(2コア/1.70GHz/2MB スマートキャッシュ)」、メモリ4GB、HDD320GB。お値段は59800円(税別)、消費税と送料も合わて67824円から購入可能です。

ただし、あくまでこれは最小構成であって、「IGZO」液晶(2560×1440)を搭載した高解像度版のモデルもありますし、CPU「インテル Core i7」&SSD512GBを標準搭載した高性能モデルもありますよ。また、マウスコンピューターの直販サイトで購入する場合はカスタマイズも自由自在に行うことが出来ますので、自分好みの一台に仕上げてみるのも面白いでしょう。

LuvBook Jシリーズicon」は、1年間無償保証・24時間×365日電話サポートと万全のサポートが付いておりますし、追加サポートで最短当日修理返却・初期不良期間内の新品交換サービス・サービス加入者専用ダイヤルをご提供する 「安心パックサービス」 も選択可能です。軽量で質の良いモバイル用ノートパソコンをお探しの方はぜひ「LuvBook Jシリーズ」をチェックしてみてください。

スポンサーリンク