ありがたいことに「ThinkPad Helix コンバーチブル・ウルトラブック」をモニターする機会を頂けましたので、早速、個人的にレビューをしてみることにしました。

「ThinkPad Helix」キーボードドッグ

・・・何、これ?Helixさんを開けて出てきた一発目がこれだったので、ちとびっくり。どうやらこれがキーボードドックのようです。

「ThinkPad Helix」合体前

上記の写真の画面下にあるタブレットを合体させることによって、「タブレットモード」、「テントモード」、「スタンドモード」、「ノートブックモード」に切り替えるみたいですね。ほうほう♪

あ!ちなみにタブレットの画面サイズは11.6型で、タブレット本体の重さは最小構成時で約785g、キーボードドックを装着した場合の重さは約1.61kgです。とはいっても、どうも数値以上に小型で軽いような感じでしたね。(あくまで個人的な実感ですが)「片手ですいすい」みたいな。思っていたよりも本体は小さくて軽かったです。

ただですね・・・。

「ThinkPad Helix」後ろ

USBポートさんはどうやらキーボードドックのうしろにくっついているみたいなんですよね。
なので、ですね。

「ThinkPad Helix」テントモード

「テントモード」さんにして、USBのイーモバイルと同じくUSBのマウスをつけると、とってもシュールな光景が出来上がります。(この辺は「スタンドモード」も同様(苦笑))一応、これで画面をつけて動かすこともできますし、

「ThinkPad Helix」タブレットモード

寝ころばせて「タブレットモード」で動かすこともできますよ。まあ、見てくれの良しあしは別になりますが、とりあえずは動きます。(タブレットはタブレットで動かした方がよさそうですけど・・・)

「ThinkPad Helix」ノートブックモード

でも、やっぱり「住み慣れた我が家が一番」ならぬ「使い慣れたモードが一番」ということで、ノートブックモードで起動して、ブログ書きや動画の閲覧とかしてました。(ちなみにこの「ThinkPad Helix」のレビュー記事自体もHelix上で書いてます)

ちなみに、この「ThinkPad Helix」さん。パソコン起動速度とシャットダウン速度は、なかなかの早さでした。というより、レノボのパソコンって、みんな早いのでしょうか?起動と終了のレスポンスの良さには、毎回驚かされますね。

その他の面でも、わりと使いやすくてサクサクな感じで、動画閲覧も難なくこなせ、ブログもサクッと書くことが出来ました。日常の使用で使い倒していて、不満はなかったですよ。基本性能が最小構成で「インテル Core i5」プロセッサー、メモリ4GBだからでしょうが、特に問題はなかったです。(バッテリーも余裕で持ちますしね)

「ThinkPad Helix」スイッチ

ただ、ここは最初、気づきにくかったのですが、「テントモード」にしろ「ノートブックモード」にしろ、パソコンを起動するためのスイッチは、キーボードドックの方ではなく、タブレット画面の右上にありますので、この辺も要注意!(写真ちょっとボケてますね。ごめんなさい!)

あとは普通のノートパソコンやタブレットと同じ感覚でサクサクと使えましたよ。というわけでノートパソコンとタブレットを両刀で使い倒したい方には「ThinkPad Helix コンバーチブル・ウルトラブック」はなかなか良質なウルトラブックなのではないでしょうか。お値段が167400円(税込・送料無料)と料金がやや高めなところがネックですけどね・・・。

時折、「レノボジャパンの割引販売コーナー」とかで12%割引とか15%割引とかで「ThinkPad Helix」を安く売っている場合がありますから(特に「週末限定クーポン」で)、そのタイミングを見計らって購入するのが吉でしょうね。良質なタブレット兼ノートパソコンをお探しでしたら、ぜひ皆様も「ThinkPad Helix」はチェックしてみてくださいませ。

お知らせ:
この商品は直販サイトでの販売を終了しております。もしどうしても欲しい方がいましたら、お手数ですが、下記のショップ様を検索してみてください。(もし販売しているのであれば、ヤフオクが格安で一番のオススメです!)

スポンサーリンク