<おすすめ記事>

  1. 10万円未満で買えるコスパの高いおすすめ高性能ノートパソコン
  2. 税込8万円台で第7世代CPU搭載の17.3型ノート~「HP 17-x100」
  3. 9万円未満で第7世代CPU&SSD256GB搭載の15.6型ノート~「ThinkPad E570」
  4. 世界最軽量13.3型ノート「LAVIE Direct HZ」が数量限定アウトレットセール中!
このエントリーをはてなブックマークに追加

「Lenovo Z51」の実機をお借り頂ける機会に恵まれましたので、早速、大阪のとあるカフェで実機に触りつつ、体験レビューをさせてもらいました!「10万円未満で買えるフルHD液晶搭載の優秀な15.6型ノートパソコン」ということで、密かにレビューするのを楽しみにしていた機種でもあります!

↓今回、ご紹介するレビュー機の公式ページ

lenovo-z51-syoumen2

「Lenovo Z51」は10万円未満で格安購入可能な割には、フルHD液晶(1920×1080ドット)標準搭載で、かつ基本スペックもOS「Windows 10」・CPU「インテル Core i7」・メモリ8GB・HDD1TB+8GBキャッシュのハイブリッドHDDと高性能な15.6型ノートパソコンです。

他にも、高速無線LANを内蔵していたり、バッテリーも約6.5時間持続可能だったりと、使い勝手が良好な一台に仕上がっているのが特徴です。

今回、レビューした機種はCPU「インテル Core i7」搭載機ですが、その他にもCorei3やCorei5のCPUを搭載しているモデルもありますよ。同スペック帯であれば、あの「ThinkPad E550」さんよりもお安く購入可能なため、新品の15.6型ノートパソコンを格安価格で買いたい方にオススメの一品です!

スポンサーリンク

お借りした「Lenovo Z51」の基本スペック

今回、レビューさせてもらった機種の基本スペックを列記しておきます。

製品名(型名) Lenovo Z51
ディスプレイ 15.6型FHDのグレア(光沢)液晶(LEDバックライト)搭載。
解像度は「1920×1080ドット」です。
OS Windows 10 Home 64ビット – 日本語版
CPU インテル Core i7-5500U プロセッサー(最大3GHz, 4MBキャッシュ)
メモリ 8GBです。 仕様:PC3-12800 DDR3L (1スロット使用)
記憶領域 1TB SSHD(HDD 5400rpm + 8GB NAND型キャッシュ) (シリアル ATA/2.5 インチ)
ドライブ DVDスーパーマルチドライブ搭載です。
グラフィック インテル HD グラフィックス 5500(CPU内蔵)
ワイヤレス インテル Dual Band Wireless-AC 3160(ac/a/b/g/n) + Bluetooth4.0
高速無線LAN内蔵です。
外部ポート USBポート「USB3.0 x 2、USB2.0 x 1」
Lenovo OneLink x 1、 HDMI x1,、RJ-45、電源ジャック
マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
サイズ 幅384mm×奥行き265mm×高さ24.6mm
重量 約2.3kgです。
バッテリー
駆動時間
約6.5時間です。
無料の
保証期間
1年間の無料引き取り修理。
価格 通常価格131760円のところ、今なら割引価格で96185円にて購入可能!
その他 キーボード「フルサイズ・キーボード(6列配列)、
89キー(Fnキー、PgUpキー、PgDnキー、Windowsキー有)、JISひらがな配列」内蔵。
(なお、英語キーボードに変更可能)
ポインティングデバイス「TrackPoint + ThinkPadクリックパッド」
3Dカメラ内蔵。
スピーカー「デジタルマイクロフォン/ステレオ・スピーカー、
DOLBY ADVANCED AUDIO v2対応」

これだけのスペックを誇っていながら10万円未満はすごいですね!ただ、そのおかげなのか、「Lenovo Z51」のCorei7搭載モデルはあと数台で品切れしてしまうほどの人気になってしまってます。もしかしたらこの記事を見終えている頃には売り切れているかも?(汗)

ただ、この「Lenovo Z51」さん。レビューした限りだと「Corei5搭載モデルでも充分すぎるスペックなのでは?」とは思いましたけどね。私が思っていたよりも「Lenovo Z51」の使い心地は良かったので!

ひとまずはその辺も含め、早速本体のレビューに入っていくことにします。

ビジネスバックにすっぽりと入る大きさ!

lenovo-z51-usui

厚さは比較的抑えめで作られています。

lenovo-z51-back-in

そのおかげで通常のビジネスバックであれば、丁度いいジャストなサイズですっぽりと中におさめることが出来ますよ!

もっとも重量は約2.3kgありますから、長時間の持ち歩きは少しばかり厳しいですけどね。(汗)近場のカフェやマクドとかで、書類作成やWEB閲覧をたしなむには丁度いいでしょう。

バッテリーはこんな感じ

lenovo-z51-battery

本体は小さめ、コンセントの接続部分は大きめといった感じで作られています。「持ち歩こうとすると、ちょっとかさばるかな?」といった作りです。(上で取り上げた写真のようなビジネスバックの場合)

フルHD液晶で画質は綺麗ですが、グレア感バリバリ(汗)

lenovo-z51-syoumen1

液晶はノングレア(非光沢)ではなく、グレア(光沢)なので、周囲の風景が思いっきり写りこんでしまってます。(汗)

グレア(光沢)液晶は慣れている人であれば特に問題はないのですが、人によっては長時間の利用は目が疲れるかもしれませんね。(慣れれば割といけますが)

lenovo-z51-display1

ただ、解像度は「1920×1080ドット」なだけあって、画質はど素人の目で見ても分かるぐらい、綺麗ですね!この写真だと分かりにくいかな?

lenovo-z51-display2

こちらはさらにどアップした写真。周囲の風景がもろに写りこんではいるものの、画質が綺麗なのが分かると思います。

この「Lenovo Z51」さんは15.6型ノートだけあって、DVDドライブもきっちりついているため(後ほどご紹介)、TSUTAYAとかでDVDをレンタルしてきて、自宅で映画を見るのもありでしょう。

やっぱりフルHD液晶の画質の良さはいいですね!

天板も作りがしっかりしていて、綺麗です!

lenovo-z51-top

それなりのお値段がかかる15.6型ノートパソコンというだけあってか、天板もしっかりとした作りになっていますね!

見た目が綺麗なのもそうですが、触り心地もツルツルしているので、仮に汚れが付着したとしても、濡れティッシュとかでさらっと拭けば、すぐに汚れを落とせるでしょう。

側面のポート類も充実しています!

lenovo-z51-right1

こちらは右側面。DVDドライブにSDカードリーダー、USBポート、マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャックが右側面にお目見えしてますね。

主に右利きの人で有線のマウスを使っている方であれば、右側面のUSBポートに差し込むことになるでしょう。

lenovo-z51-right2

DVDドライブをにょきーっと引き出すとこのような感じに。何というか「この厚みの中によくDVDドライブを収めたな」というのが率直な管理人の感想ですね。

lenovo-z51-left

対してこちらは左側面。USBポートにHDMIポート、パソコン充電ポートなどなど、盛りだくさんに詰め込んでます。パソコンの放熱孔もこちら側についてますから、パソコンの熱は左側面から流す構造のようですね。

ちなみに本機はCorei7搭載モデルですが、動画視聴中の時でも、パソコン本体が熱くなることは無かったです。その点ではよく出来た作りになっているのではないかと。(「私個人の印象としては」ですが)

キーストロークは浅めなのかな?「Lenovo Z51」のキーボード。

lenovo-z51-keyboard1

「Lenovo Z51」のキーボードです。天板が黒色なのに対して、キーボード部分はシルバー色に染まってます。

あと、15.6型ノートパソコンなだけにテンキーが標準で付いてますね。

lenovo-z51-keyboard2

個人的には「Ctrl」キーが左下についているのが嬉しかったです!慣れればどこにどのようなキーがあっても使いこなせるキーボードにこだわりの無い管理人ではございますが、やはり「Ctrl」キーはここにあった方が使いやすいですね!(好みの問題ですが)

lenovo-z51-keypitch

ただ、キーストローク(キーを打った時に「どれくらい沈みこむか?」を表す深さをこう言います)がちょっと浅めなのが、個人的には気になりましたね。

lenovo-z51-thinkpad-e440-keypitch

普段、私が使っている相棒「ThinkPad E440」がもう少しばかりキーストロークが深いので、どうしても気になってしまっというかなんというか・・・。(「Lenovo Z51」よりも「ThinkPad E440」の方が、ちょっとだけキーが出っ張っているのが分かるでしょうか?)

大きな問題というほとでは無いのですが、ThinkPad Eシリーズ(特にE550とかE560系統)のキーボードに慣れ親しんでいると、もしかしたら違和感のある人はいるかもしれませんね。

一応、留意点として述べておきます。

あれ?3Dカメラ機能は?

lenovo-z51-camera1

レビュー機をカフェで使いこんでいた時にふと思ったこと。
「あれ?そう言えば、3Dカメラ機能は?」
・・・と言いますのも、それらしき機能が最初は見つからなかったからなんですね。(汗)

一応、ディスプレイ正面の上部分にある3つの目玉みたいな部分にカメラ機能は仕込まれているみたいなのですけどね。

lenovo-z51-camera2

そう。この3つの穴のこと。これが3Dカメラの穴になっている模様。

lenovo-z51-camera3

でも、使用するにあたっては、登録みたいなものをしないといけないみたいでして・・・。本機はレンタル機材なので、勝手に登録するのはやめておきました。

ただ、個人的にはこの機能。いらないかなと。人によって需要の有無は違うでしょうが、もしデジカメが一つでもあるのであれば、この機能は不要だと思いますので。

しかも、この3Dカメラ機能。実はCPU「インテル Core i7」モデルにしか搭載されていない代物だったりしてね。(汗)

・・・ごめんなさい。お世辞でも「これは素晴らしい!」とは言えないです。レノボ様、すみません!

最後に管理人の本音を!

lenovo-z51-syoumen3

キーストロークがちょっとだけ浅いのが気になったこと以外は、「Lenovo Z51」本体の出来具合には大満足ですね!ただ、3Dカメラは不要かなと。

あと、CPU「インテル Core i7」を搭載していたおかげで、WordPressによるブログ記事執筆やyoutubeの閲覧の際にも、高速にサクサクと動いてくれて、全くストレスを感じずに使うことが出来ましたね!この辺はさすがはCorei7搭載モデルと言ったところでしょうか。

ただ、3Dカメラ機能がいらないことと、本体の液晶がフルHDなのを考えれば、お値段96185円を出してまでCorei7搭載モデルを購入しなくても、お値段65637円で買えるCorei5搭載モデルでも充分満足できる品物なのではないかとは、管理人個人としては思いましたけどね。

一応「10万円未満で買えるCorei7搭載モデル」ということで、管理人もよく「Lenovo Z51」をオススメしていたりもするのですが、今回「Lenovo Z51」を実際に使ってみて、「別にCorei5搭載モデルとかでも、本体がこれだったら全然OKだし、大満足なのかな」とは思ってしまいましたね。

以上。「Lenovo Z51」の実機レビューを管理人の本音も踏まえてご紹介させて頂きました。もし、ご興味がありましたら、レノボの公式サイトも覗いてみてくださいませ。

↓本製品の詳細はこちら!

スポンサーリンク