マウスコンピュータ社のゲーミングパソコンシリーズの中でもっとも高性能かつ高額なシリーズなのが、今回ご紹介する「NEXTGEAR-NOTE i1100 シリーズ」。一番レベルの低いブロンズモデルですら249900円(税込)もする非常に高価なゲーミングPCなのですが、なぜかゲーミングPC部門週間売上ランキング1位に今回輝いていたりします。な、なぜ?

iconicon

「NEXTGEAR-NOTE i1100 シリーズ」は17.3型サイズでノングレア(非光沢)パネルのフルHD (1920×1080)液晶持ちの最新NVIDIA「NVIDIA GeForce GTX780M(「DirectX 11」対応)」搭載型ゲーミングパソコンです。

本体背面に特徴的な排熱機構を有していますので、熱にも強く(もっともこれは「G-TUNEシリーズのゲーミングパソコン」全般に言えることですが)、HDMIポート、USBポートもふんだんに付いているので外部周辺機器との連携はバッチリなのですが、重量は約4.4kgと非常に重たく、バッテリーも約2時間しか持たないため、とてもじゃないですが、モバイル用には使えません。あくまで据え置き用として使うことになります。

その中で今回、栄えあるマウスコンピューター社ゲーミングPC部門週間売上ランキング1位に輝いたモデルがプラチナモデル/カスタムの一角である「NEXTGEAR-NOTE i1100PA3-SP」です。

iconicon

「NEXTGEAR-NOTE i1100PA3-SP」の基本性能は、OS「Windows 8.1 or Windows 7」の2者択一、「インテル Core i7-4930MX プロセッサー エクストリーム・エディション(4コア/3.00GHz/TB時最大3.90GHz/8MB スマートキャッシュ/HT対応)」、メモリ32GB、ハードディスク1TBとSSD512GBの「RAID 0」のストライピング構成、ブルーレイディスクドライブ標準搭載と別次元なぐらい高性能な一台に仕上がっておりますが、その分お値段も別格でなんと422940円(税込・送料込)もします。

値段が高い!高すぎる!確かに性能は格段に良いけど、ノートパソコンで40万円越えのモデルが週間売上ランキング1位ってどんだけだ!世の中の皆さんがお金持ちなのか、それともローンを組んででもこのゲーミングPCが欲しいのか?どちらにせよすごい話ですよね。

まあ、でも「NEXTGEAR-NOTE i1100 シリーズ」が一台あれば、どんなオンラインゲームでも快適に遊べそうな気がしますね。それも3~5年は現役の一台として。オンラインゲームが大好きな方で、お金に糸目をつけない方はこういったパソコンも労を惜しまずに購入するのかな?でも、やっぱり40万円越えは・・・きついな・・・。

世の中には、色々なニーズのユーザーさんがいらっしゃるのですね。勉強になりました。

お知らせ:
この商品は直販サイトでの販売を終了しております。もしどうしても欲しい方がいましたら、お手数ですが、下記のショップ様を検索してみてください。(もし販売しているのであれば、ヤフオクが格安で一番のオススメです!)