<おすすめ記事>

  1. 10万円未満で買えるコスパの高いおすすめ高性能ノートパソコン
  2. 税込8万円台でCorei5&メモリ8GB搭載の17.3インチノート~「HP 17-bs000」
  3. 8万円台でHDD500GB+SSD128GB搭載の15.6型ノート~「ThinkPad E570」
  4. 10万円未満で第8世代CPU&SSD搭載の13.3型ノート~「ideapad 720S」
  5. 8万円台でCorei5&SSD搭載の12.5型タブレットPC~「Lenovo YOGA 720」
このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ最近、ツイッターを通してノートパソコンの購入相談を受けることも増えてきたとろろ(@tororo05304029)です。こんにちは!

時折来る質問の中でもよく聞かれるのが「『ideapad 520』と『ThinkPad E570』どちらがいいの?」だったりします。

うん。分かります。非常によく分かりますよ!その質問!何せ両方とも同じレノボ製15.6型ノートパソコンですし、スペックも似たりよったりになってますからね(汗)。迷う気持ちも分かるというものです。

そういうわけでこのページでは「ideapad 520」と「ThinkPad E570」をどちらがいいのかの質問に答えてみました!

どちらを購入しようか迷っている方の参考になれば幸いです!(時間が無い方は結論だけ見てくれるだけでも結構です

「ideapad 520」について

まずは両方を比較する前に「ideapad 520」と「ThinkPad E570」、それぞれの特色を述べておくことにします。まずは「ideapad 520」から。

「ideapad 520」と言うのは第8世代CPUを標準搭載したレノボ製の15.6型ノートパソコンです。(本体の色はアイアングレーもしくはゴールデンの2種類から選択可能

ideapad-520-syoumen3

液晶はフルHDノングレア(非光沢)IPS液晶を搭載しているので、画像映りが綺麗ですし、周囲の風景が画面に写りこみにくいので、目が疲れにくいのがウリとなってます!

また、DVDドライブとSDカードリーダー、高速無線LANもきっちりと内蔵されているため、使い勝手も抜群ですよ!

そんな「Ideapad 520」さんの基本スペックは以下の通りです。

製品名(型名) Ideapad 520
ディスプレイ 15.6型フルHDノングレア(非光沢)IPS液晶(LEDバックライト)搭載。
解像度は「1920×1080ドット」。
また、IPS液晶なので、斜めから見ても画像映りが綺麗です。
OS Windows 10 Home 64ビット – 日本語版
CPU インテル Core i5-8250U プロセッサー ( 1.60GHz 6MB )
メモリ 8GBです。 仕様:PC4-17000 DDR4 2133 MHz
記憶領域 HDD1TBです。
ドライブ DVDスーパーマルチドライブ搭載です。
グラフィック インテル UHD グラフィックス 620(CPU内蔵)
ワイヤレス IEEE802.11ac/a/b/g/n + Bluetooth 4.1
高速無線LAN内蔵です。
外部ポート 外部出力ポート「HDMI×1」
USBポート「USB3.0(Type-C)x1、USB3.0x2」
RJ-45×1
電源ジャック
4-in-1メディアカードリーダー(SD、SDHC、SDXC、MMC)
マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
サイズ 幅378mm×奥行き260mm×高さ22mm
重量 約2.2kgです。
バッテリー
駆動時間
約6時間。なお、充電時間は約2.5時間です。
無料の
保証期間
1年間です。
価格 通常108000円のところ、割引価格66960円(税込・送料無料)で購入可能!
その他 「ACアダプター、電源コード、保証書」付属
キーボード「日本語キーボード(テンキー付き)」
「HD720Pの高画質カメラを搭載」内蔵
Harman製ステレオスピーカー内蔵

CPU「インテル Core i5-8250U」・メモリ8GB・HDD1TBのスペックを持つ15.6型フルHDノングレア(非光沢)液晶搭載ノートパソコンがお値段66960円(税込・送料無料・割引込)で購入可能!

しかも、DVDドライブとSDカードリーダー、高速無線LANを搭載してこのお値段ですから、コスパの高い15.6型ノートパソコンですね!

他にも、CPU「インテル Core i5-8250U」・メモリ8GB・SSD256GBのスペックでお値段76702円(税込・送料無料・割引込)なモデルもあったりします。

どちらのモデルにせよ「格安高性能な15.6型ノートパソコンを地で行くモデル」と言うのが「ideapad 520」さんの特色ですね!

ただし、「ideapad 520」さんは「カスタマイズが一切出来ない」という大きな欠点があります。そこが「ThinkPad E570」さんと大きな違いの一つですね!(詳しい比較については後述にて)

「ThinkPad E570」について

対して、「ThinkPad E570」の方も見ていくことにします。

「ThinkPad E570」も「ideapad 520」と同じくレノボ製15.6型ノートパソコンです。

液晶がフルHDノングレア(非光沢)IPS液晶搭載で、DVDドライブとSDカードリーダー、高速無線LANも搭載済みなところも「ideapad 520」と同じという(汗)。

違いは見た目の色合いぐらいでしょうか。何だかもはや「ideapad 520」さんの兄弟分みたいな感じですね!

そんな「ThinkPad E570」さんの基本スペックは以下の通りです。

製品名(型名) 「ThinkPad E570」パフォーマンス・FHD搭載
ディスプレイ 15.6型フルHDノングレア(非光沢)IPS液晶(LEDバックライト)搭載。
解像度「1920×1080ドット」。
IPS液晶搭載なので、斜めから見ても画像映りが綺麗です。
OS Windows 10 Home 64ビット – 日本語版
CPU インテル Core i5-7200U プロセッサー(最大3.1GHz,3MB)
メモリ 8GBです。 仕様:PC4-19200 DDR4 SDRAM SODIMM
記憶領域 SSD256GBです。
ドライブ DVDスーパーマルチドライブ搭載です。
グラフィック インテル HD グラフィックス 620
ワイヤレス IEEE 802.11ac/a/b/g/n ワイヤレスLAN (WiFi準拠)1×1 + Bluetooth 4.1
高速無線LAN内蔵です。
外部ポート 外部出力ポート「HDMI×1、VGA×1」
USBポート「USB3.0×2、Powered USB2.0×1」
RJ-45×1
マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
4-in-1メディアカードリーダー(SD、SDHC、SDXC、MMC)
サイズ 幅379mm×奥行き261mm×高さ25.4mm
重量 約2.3kgです。
バッテリー
駆動時間
最大約11.3時間と長持ちです。
無料の
保証期間
1年間です。
価格 通常112320円のところ、割引価格87826円(税込・送料無料)にて購入可能!
その他 テンキー付き日本語キーボード内蔵(英語キーボードに変更可能)
ThinkPadクリックパッド、指紋センサーあり
「HD720Pの高画質カメラを搭載」内蔵
ステレオスピーカー内蔵
インテル ハイデフィニション・オーディオ(Dolby Audio Premium機能付き)

CPU「インテル Core i5-7200U」・メモリ8GB・SSD256GBを搭載した15.6型フルHDノングレア(非光沢)液晶搭載ノートパソコンがお値段87826円(税込・送料無料・割引込)で購入可能!

しかもバッテリー長持ちな上、高速無線LANとSDカードリーダーも本体に内蔵されてこのお値段ですから、こちらもコスパの高い15.6型ノートパソコンですね!

単純なお値段比較だけで見れば「ideapad 520」さんに軍配が上がりそうです。

ただ、「ThinkPad E570」は「ideapad 520」と違い「スペックやオプションのカスタマイズが自由自在」という大きな長所がありますので、一概に値段だけで判別を付けられるわけでは無かったりします。

とは言っても「カスタマイズが出来るか否かが大きな違いですよ!」だけを言われてもイマイチピンッと来ないと思いますので、次の項目からより分かりやすく特色を述べていくことにします!

「ideapad 520」と「ThinkPad E570」の共通点と違い

「ideapad 520」と「ThinkPad E570」の大まかな特色を述べたところで、早速、本題の比較に入っていきます。

まずは分かりやすく共通点から述べていきます。

<「ideapad 520」と「ThinkPad E570」の共通点>
■CPUやメモリ、記憶領域のスペック
■液晶の解像度及び仕様
■サイズ
■重量
■高速無線やSDカードリーダースロット等の周辺機器はほぼ同じ
■保証期間

・・・等。

サラッと挙げただけでも共通点が多いですね(汗)。よって違う点だけを主軸に見ていった方が良さそうです。

「ideapad 520」と「ThinkPad E570」で大きく違っている部分だけに絞って、表形式で列挙してみました。

製品名(型名) 「ideapad 520」 「ThinkPad E570」
本体の色 アイアングレーもしくはゴールデン ブラック
英語キーボードに
変更可能か?
変更不可 変更可能
バッテリー
駆動時間
約6時間 約11.3時間
価格
(SSD搭載モデルで算出)
76702円(税込・送料無料) 87826円(税込・送料無料)
カスタマイズ
可能か否か?
カスタマイズ不可
(スペックの変更や
「Microsoft Office」の搭載は無理)
カスタマイズ可能
(スペック変更や
「Microsoft Office」の搭載が可能)

簡単に言えば「本体の色・英語キーボードに変更可能か否か・バッテリーの駆動時間・お値段・カスタマイズの有無に違いがある」となりますね。

なんかこうして見ると違いよりも共通点の方が圧倒的に多いですね。そりゃあ世の中のお客様もどちらを選んだ方がいいか迷ってしますわけです(汗)。

結論~結局のところ、どちらを選べばいいの?

thinkpad-e560-syoumen1

何だか似たような要素が多い兄弟分みたいな「ideapad 520」と「ThinkPad E570」ですが、「結局のところ、どちらをどういう基準で選べばいいのか?」という疑問は沸いてしまいますね(汗)。

よって、「私だったらこう選ぶ!」という結論を以下に書いてみました!

■「Microsoft Office」がどうしても必要ならば、「ThinkPad E570」一択!

■英語キーボード希望ならば、「ThinkPad E570」一択!

■写真の保管が必要ならば、「ThinkPad E570」にしてカスタマイズでHDDを追加搭載した方が後々に便利!

■外でノートパソコンを使う機会が多い人なのであれば、バッテリーの持続時間が長い「ThinkPad E570」の方が良い!

上記に当てはまらないのであれば、「ideapad 520」で充分!

シンプルに結論だけを書けばこうなりますね!

もっと露骨なことを言ってしまえば、「お金にゆとりがあるのであれば『ThinkPad E570』を買っておけばまず間違いは無い!」とも言えます。

「ideapad 520」は上記の結論を見た上で、「ThinkPad E570」の長所にそこまで魅力を感じなかった方が購入すればいいのかなと。(お安く買えますので!)

以上。「『ideapad 520』と『ThinkPad E570』どちらがいいの?」の質問に対する回答でした!

追記:
もし「ideapad 520」もしくは「ThinkPad E570」をご購入されるのでしたらWEB広告限定クーポンコードのご利用をお忘れなく!(お安く購入出来ますよ!)

↓WEB広告限定お買い得クーポンはこちら!

↓「ThinkPad E570」の詳細はこちら!

↓「Ideapad 520」の詳細はこちら!

スポンサーリンク