日本HP「『HP Pavilion 15-n200』スタンダード・オフィスモデルicon」が絶賛人気沸騰中です!「オフィス~」と名前が付いている通り「Microsoft Office Home and Business 2013」を標準搭載しているモデルなのですが、ここ1ヶ月以上、ずっと週間売上ランキング1位を独占し続けている売れっ子さんとなっております。一通りの機能&性能を持っていて、かつOfficeも標準搭載している点が人気を維持し続けている理由なのかもしれませんね。

iconicon

ちなみに「HP Pavilion 15-n200」さんというのは、重量約2.4kg、15.6インチワイドHDブライトビュー・ディスプレイ(1366×768)持ちの黒色ノートパソコンのことです。

DVDスーパーマルチドライブと無線LAN「IEEE802.11b/g/n+Bluetooth4.0」、「Microsoft Office Home and Business 2013」を標準搭載済みな上に、振動からデータを守る「HPプロテクトスマート・テクノロジー」機能も搭載済みのバランス派な一台となっております。

最小構成時の基本性能は、OS「Windows 7 Home Premium(64bit)」、CPU「インテル Core i5-4200U プロセッサー」、メモリ4GB、ハードディスク500GBとなります。また、バッテリーは連続で約6時間半持ちますよ。この構成の場合ですと、お値段は84800円(税別)、送料と消費税を含めますと94842円で購入可能です。

もちろんこのまま購入されても構わないのですが、もう少しばかり予算が出せるのでしたら、メモリを8GBにパワーアップさせておくことを推奨します。値段こそ92800円(税別)、送料と消費税を含めますと103464円と値上がりしますが、音楽を聞きながら書類作成をするといった同時処理に非常に強くなりますので、オススメですよ!

このようにカスタマイズをするしないに関わらず、10万円前後の価格で「Microsoft Office」の最新版も含めて、一通りの機能を揃えられるところが、このモデルの強いところですね!バランス良好でコストパフォーマンスにも優れているならば、人気が出るのもうなずけますね!

ただし、ぜひこの記事を読んでくださっている皆様には、一つだけ知っておいて欲しいことがあります。

実はこのモデル。OSを変えれば、もっと安く買えます!

OSが「Windows 8.1(64bit)」でもいいのでしたら、通常版「HP Pavilion 15-n200(インテルモデル)icon」のスタンダードモデルに、「Microsoft Office Home and Business 2013」をカスタマイズで追加した方が、全く同じ性能でお値段は82800円(税別)、送料と消費税を含めますと92664円となりますので、少しだけお安く買うことが出来ますよ。

でも、やっぱり人気は「『HP Pavilion 15-n200』スタンダード・オフィスモデルicon」の方が大きいですね!2000円(税別)しかお値段が変わらないのであれば、多少高くてもいいから、OS「Windows 7 Home Premium(64bit)」の方がいいやという気持ちが、人気度の差になって表れているのかもしれませんね。

でも、まあどちらの方法で購入したとしても、バランス派の良い「HP Pavilion 15-n200」のOffice付きが予算10万円前後で手に入ることには変わりありませんので、自分の好みやスタンスに合わせて選べば良いでしょう。Office付きノートパソコンで質の良いのをお探しでしたら、チェックしてみてくださいませ。

補足(2014年6月16日現在):
今現在はキャンペーン中のため、OSのモデルに関係なく、どこで購入したとしても79800円(税別)、送料と消費税も含めますと89424円とお買い得価格で購入することが出来ますよ。もし上記モデルに興味を抱かれたのでしたら、今が購入の絶好のチャンスといえますね!よろしければチェックなさってみてください。(ただし、2014年8月17日(日)までの期間限定です)