以下は終了した福袋セールです。最新情報は「2015年最新パソコン福袋」のページにて、ご確認くださいませ!

====================================

「スペシャルセール」で販売されている日本HP福袋セール2015「禄モデル・福モデル」の中身を予想してみました。あくまで「予想」ですが「日本HP社の福袋を購入するか否かの判断指標ぐらいにはなるかな」と思い、記事にしてみました。(購入は福モデルのみで100台の数量限定です)

まずは「禄モデル」の予想からです。

「禄モデル」は「HP Pavilion TouchSmart 10-e000」が有力

前回(2014年11月下旬)、26800円(税別)にて発売された「寿モデル」の中身が10.1インチワイドHD非光沢(ノングレア)ディスプレイ(1366×768)搭載の「HP Pavilion 10-f000」さんだったと風の噂でお聞きしたので、「それならば、23800円(税別)で販売してきた今回の『禄モデル』は前回の『寿モデル』よりも質は落ちているはず」という予測から選んだモデルが「HP Pavilion TouchSmart 10-e000」というわけです。

一応、「禄モデル」の条件が、

・OS「Windows 8.1」
・画面サイズ13インチ以下
・無線LAN (IEEE802.11 b/g/n)、Bluetooth4.0搭載

なので、条件は満たしております。(「禄モデル」の確定事項は上記の3つのみです。他は不明となっております)

iconicon

ちなみに「HP Pavilion TouchSmart 10-e000」というのは、2013年12月に発売されたOS「Windows 8.1(64bit)」初搭載の重量約.1.28kg、10.1インチワイドHDのタッチディスプレイ(1366×768)搭載ノートパソコンとなります。

DVDドライブは未搭載ですが、USBポート「USB3.0×1、USB2.0×2」と無線LANを内蔵済みです。そして、バッテリーの連続駆動時間は約6時間半ほどで、基本性能は、CPU「AMD A4-1200 APUプロセッサー(1.0GHz、1MB L2キャッシュ)」、メモリ2GB、320GBハードドライブとなります。

当時の2013年12月の販売価格が確か39096円(送料込&5%の税込←当時は消費税5%でしたので)だったはずなので、もし「禄モデル」が「HP Pavilion TouchSmart 10-e000」で正解だとすると、お値段23800円(税別)、消費税と送料も合わせて28944円となるので、当時よりも1万円お買い得に買える計算にはなりますね。

ただ、今現在絶賛販売中の重量約1.26kg、11.6インチワイドHD非光沢・ディスプレイ(1366×768)搭載ストリームノートパソコン「HP Stream 11-d000icon」が25800円(税別)で販売されているので、それと比較するとかなり微妙な性能・・・というのが本音ですね。

「HP Stream 11-d000」は消費税と送料合わせても31104円で購入可能な割には、基本性能がOS「Windows 8.1 Update (64bit)」、CPU「インテル Cerelon プロセッサー N2840(2.16GHz~2.58GHz/1MB)」、メモリ2GB、eMMC32GB+Microsoft OneDrive 100GB(2年間だけ無料で、それ以降は190円/月)と記憶容量以外はそれなりの性能を持っていて、しかもバッテリーも8時間弱持ちますから、もし「HP Pavilion TouchSmart 10-e000」が正解だと仮定すると、「うーん・・・どうなんだろう?」ということにはなります。

もし「HP Stream 11-d000」自体が正解ならば、若干お買い得(2000円(税別)OFFに)にはなるのですが、「HP Pavilion TouchSmart 10-e000」の方が有力そうな気はします。ただし、どちらのモデルが正解だったとしても「軽量でバッテリー持ちは良いけど、CPUは低速」という点では共通なので、「禄モデル」は「パソコンのスピードは問わないから、軽量なノートパソコンが欲しい!」という方向けですね!

「禄モデル」は「HP Pavilion TouchSmart 10-e000」もしくは「HP Stream 11-d000」ぐらいの性能の軽量&低速ノートパソコンだと思っておけば、大外れは無いでしょう。

「福モデル」は「HP Pavilion 15-n200」エントリーモデル

「『福モデル』は『HP Pavilion 15-n200』のエントリーモデルだ!」ぐらいに思って間違いないでしょう。旧式版である「HP 1000-1400」も考えましたが、「福モデル」の条件は、

・OS「Windows 8.1」
・画面サイズ15.6インチ
・CPU「インテル Core プロセッサー」

なので、14インチノートパソコンである「HP 1000-1400」は条件から外れます。よって、「HP Pavilion 15-n200」エントリーモデルそのものか、もしくはそれに近い性能を持つ日本HP社製の旧式ノートパソコンだと思えば、ほぼ当たりなのでは無いでしょうか。(「HP Pavilion 15-n200」は画面サイズ15.6インチの代表選手と言い切ってもいいぐらいですし)

iconicon

「HP Pavilion 15-n200」は、重量約2.4kg、15.6インチワイドHDブライトビュー・ディスプレイ(1366×768)持ちの黒色ノートパソコンです。

DVDスーパーマルチドライブと無線LAN「IEEE802.11b/g/n+Bluetooth4.0」を標準で搭載している上に、振動からデータを守る「HPプロテクトスマート・テクノロジー」機能も搭載している優れものの一台です。なお、バッテリーの持続時間は約4時間45分となります。

その中でも「HP Pavilion 15-n200」エントリーモデルは、基本性能がOS「Windows 8.1(64bit)」、CPU「インテル Core i3-3217U プロセッサー(1.80GHz/3MB) 」、メモリ4GB、500GBハードドライブとなっております。本来はこの機能と性能でお値段は47800円(税別)、消費税と送料を含めて54864円となります。

今回の「福モデル」は39800円(税別)、消費税と送料を合わせても46224円となりますので、約8000円ほどお買い得に買い物が出来るのでは無いかと。「HP Pavilion 15-n200」エントリーモデル以外のノートパソコンの可能性もありますが、ほぼ似たようなエントリーレベルの性能を持った15.6インチノートパソコンであることには間違いないでしょう。

よって、「福モデル」は「予算5万円未満で使い勝手の良いCorei3ノートパソコンが欲しい方向け」といえるでしょう。書類作成やWEB閲覧を快適に行いたい方にオススメの一台です!

以上、日本HP福袋セール2015「禄モデル・福モデル」の中身を思い切って予想してみました。あくまで「予想」ですから確実とはいえませんが、上記の予想を見れば、実際に福袋を購入するか否かを判断するときの参考指標にはなるのではないでしょうか。

総評としては、

・「禄モデル」~軽量低速ノートパソコンで、やや博打要素あり。購入して得をするかは運次第!
・「福モデル」~Corei3ノートパソコンが欲しいのであれば、即買いしても確実に得をするレベル!

となりますね。多少なりとも参考になれば幸いです。

なお、今現在は「スペシャルセール」で「福モデル」だけの販売となっております。残りの数量は100台限定ですので、欲しい方はお急ぎください!(ちなみに1年間の引き取り修理サービス、パーツ保証、電話サポートはいつもどおり無料で付いてますから、ご安心を!)

スポンサーリンク