ドスパラの最新Critea(クリテア)シリーズ「Critea(クリテア) DX10」が新発売されました!第6世代CPU「インテル Core i3」とOS「Windows 10」を搭載した最新スペックのモデルとなります。

「Critea(クリテア) DX10」は光沢(グレア)ありの15.6インチノートパソコンさんで、DVDドライブも標準搭載している最新モデルさんとなります。性能を見ている限りでは、ドスパラでロングランの人気を誇っている「Critea(クリテア) DX4」さんの後継機といった印象ですね。

「最新14nmプロセスを採用し、高い演算処理能力と省電力を両立した最新の第6世代インテル Core i3-6100U プロセッサー『Skylake』を搭載~」というお触れ込みで新発売されたこの最新モデル様がいかような物なのかを管理人個人的な見解も踏まえて色々と語ってみます。

スポンサーリンク

基本スペック

「第6世代CPU」とはいえ「インテル Core i3」ですし、メモリも4GBなため、「同業他社様によくあるエントリーモデルよりは若干スペックの良いノートパソコン」といった印象にとどまってますね。

ディスプレイ 15.6型ワイドHDグレア(光沢)液晶搭載。
解像度は「1366×768ドット」です。
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル Core i3-6100Uモバイル・プロセッサー
(デュアルコア、定格2.30GHz、3MB L3キャッシュ、
インテル ハイパースレッディング・テクノロジー対応)
メモリ 4GBです。 仕様:DDR3L SO-DIMM
記憶領域 HDD500GBです。
ドライブ DVDスーパーマルチドライブ (2層ディスク対応)です。
グラフィック インテル HD グラフィックス520(CPU内蔵)
ワイヤレス IEEE802.11b/g/n + Bluetooth4.0
外部ポート 外部ディスプレイ出力「HDMI×1、D-Sub 15ピン×1」
USBポート「USB3.0×2、USB2.0×2」
SDカードリーダー
ヘッドフォン出力/マイク入力 x1(4極ミニプラグ/共用)
サイズ 幅380mm×奥行き260mm×高さ24.9mm
重量 約2.2kgです。
バッテリー
駆動時間
未公開です。
無料の
保証期間
1年間持込修理保証。
価格 77738円(税込・送料無料)にて購入可能!
その他 「ACアダプター、マニュアル、製品保証書」付属。
キーボード「日本語キーボード(テンキー付き)」
ポインティングデバイス「タッチパッド」
HDWEBカメラ内蔵。
スピーカー「ステレオスピーカー」内蔵
盗難防止用KensingtonLock(ケンジントンロック)取付け口内蔵

今購入するのは時期早々かも?

バッテリーの持続時間とベンチマークが今現在のところ未公開ですね。ベンチマークはさておき、バッテリーの持続時間は早いところ知りたい情報なのですが・・・。この辺は「早く情報公開してくださいな!ドスパラさん!」といったところでしょうか。(「Critea(クリテア) DX4」が約7.2時間なので、「Critea(クリテア) DX10」も同じぐらいの持ち時間だと予想しています)

また、CPUも第6世代の最新とはいえ「インテル Core i3」ですし、メモリ4GB&HDD500GBとそんなにスペックが高くない割には、お値段は7万円台後半ですので、購入するのは時期早々というのが管理人のぶっちゃけた本音ですね。(しかもCPUやメモリ等の主要部分はまだカスタマイズを行えないという欠点付き)

おまけに今現在はASUSで化け物じみた高スペック&高コスパな15.6インチノートパソコンが販売してしまってますからね・・・。

参考記事
ASUS「X550ZE-FX7600」アウトレットは、5万円台で購入可能なやり手のノートパソコンです!(数量限定)

単純に15.6インチノートパソコンを購入するのであれば、5万円台でCPU「インテル Core i7」相当のスペックを持ったAMD搭載の「X550ZE-FX7600」を狙った方がいいのが現状ですね。(第6世代CPUの「Skylake」自体は非常に興味津々なのですけどね)

まとめ

今は傍観しておいた方が良さそうな印象です。もう少し待てばカスタマイズも自由に行えるでしょうから、自分好みの一台に仕上げやすいでしょうし、その頃にはバッテリーの持続時間やベンチマークも判明している頃でしょう。(メモリ8GB&SSD128GBに出来たら、使い心地よさそうですし)

恐らくは2か月後の11月ぐらいにはクリスマス&年末年始前のキャンペーンということで、お買い得キャンペーンも打ち出してくるのではないでしょうか。「Critea(クリテア) DX10」を狙うのであれば、それからでも遅くはないですね。

今現時点ではパッとしない印象の「Critea(クリテア) DX10」さんですが、スペック的には「Critea(クリテア) DX4」の後継的な感じなので、数か月後には様々なスペックを持つモデルを今後、この「Critea(クリテア) DX10」さんに加えてくるのではないかと予想しています。

「『Critea(クリテア) DX10』の今後の動向に乞うご期待!」といったところですね!

Critea(クリテア) DX10 詳細ページへ

スポンサーリンク