Critea(クリテア) DX10」の「Microsoft Office」セットが最近人気絶頂です!当サイトでも「Critea DX10 Office」の検索キーワードでよく閲覧しにくる方が増えております。

「Critea(クリテア) DX10」はDVDドライブを標準搭載した、光沢(グレア)ありの15.6インチノートパソコンさんです。今回ご紹介するモデルはそんな15.6インチノートパソコンに「Microsoft Office Personal 2013」をセットで付けたキャンペーンモデルとなります。

ウィルス対策ソフト「マカフィー・インターネットセキュリティ 12ヶ月 製品版」を含め、一通りの機能・性能が出揃った15.6インチノートが「Microsoft Office」付きで10万円未満で購入可能というのが「Critea(クリテア) DX10」の人気のツボになっているようです!

私が考えていた以上に「Critea(クリテア) DX10」の「Microsoft Office」セットが人気が出ておりますので、正直、ビックリ仰天しているのが、偽らず本音だったりします。(汗)

スポンサーリンク

「Critea(クリテア) DX10」の基本スペック

「トータルバランス良好な15.6インチノートパソコン」。「Critea(クリテア) DX10」を一言で表現するならば、こうなりますね。

製品名(型名) 「Critea(クリテア) DX10」Officeセット
ディスプレイ 15.6インチワイドHDグレア(光沢)液晶搭載。
解像度は「1366×768ドット」です。
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル Core i3-6100Uモバイル・プロセッサー
(デュアルコア、定格2.30GHz、3MB L3キャッシュ、
インテル ハイパースレッディング・テクノロジー対応)
メモリ 4GBです。 仕様:DDR3L SO-DIMM
記憶領域 HDD500GBです。
ドライブ DVDスーパーマルチドライブ (2層ディスク対応)です。
グラフィック インテル HD グラフィックス520(CPU内蔵)
ワイヤレス IEEE802.11b/g/n + Bluetooth4.0
外部ポート 外部ディスプレイ出力「HDMI×1、D-Sub 15ピン×1」
USBポート「USB3.0×2、USB2.0×2」
SDカードリーダー
ヘッドフォン出力/マイク入力 x1(4極ミニプラグ/共用)
サイズ 幅380mm×奥行き260mm×高さ24.9mm
重量 約2.2kgです。
バッテリー
駆動時間
約5.1時間です。
無料の
保証期間
1年間持込修理保証。
価格 79898円(税込・送料無料)にて購入可能!
その他 「ACアダプター、マニュアル、製品保証書」付属。
キーボード「日本語キーボード(テンキー付き)」
ポインティングデバイス「タッチパッド」
HDWEBカメラ内蔵。
スピーカー「ステレオスピーカー」内蔵。
盗難防止用KensingtonLock(ケンジントンロック)取付け口内蔵。
「Microsoft Office Personal 2013」搭載。
「マカフィー・インターネットセキュリティ 12ヶ月 製品版」搭載。

必要な機能・性能が全て出揃ってますね!

第6世代CPU「インテル Core i3」・メモリ4GB・HDD500GBの基本スペックに、ウィルス対策ソフト1年分に「Microsoft Office」搭載と書類作成・WEB閲覧に必要な物は全て揃えましたという印象ですね!

さすがにグラフィックボードは積んでいないのでオンラインゲームは無理ですが、それ以外の面で普段使っている分には、何ら問題の無いスペックに仕上がっております。

もちろんDVDドライブもテンキーも付いた15.6インチノートパソコンですから、10万円未満で一通りの機能・性能を揃えたい方には丁度良い一台ですね!

まとめ

スペックとか見た目とかで飛び抜けて立派な面は無いけど、普段使いをするには充分な15.6インチノートパソコン。それが「Critea(クリテア) DX10」の持ち味といったところでしょうか。

「Critea(クリテア) DX10」の公式ページに書かれているユーザー評価を見ても、全5段階中3とか4といった評価を付けており、「別にすごくは無いし、所々細かい部分で不満はあるけど、普段使いには問題なし」といった感想を述べているところから、コスパ重視でノートパソコンを探している人向けの一台といえますね。

今はこういった「10万円未満で一通りの機能・性能が出揃っている大画面ノートパソコン」に人気が集まりやすいのかもしれませんね。「Microsoft Office」付きの15.6インチノートパソコンを10万円未満で探している方は、「Critea(クリテア) DX10」をチェックしてみるといいでしょう。

Critea(クリテア) DX10 詳細ページへ

スポンサーリンク