ドスパラ産10.1インチ大画面タブレット「Diginnos Tablet DG-Q10S」。解像度「1280×800」で広視野角HD液晶搭載のタッチパネル式ディスプレイを持つ、格安お買い得タブレットでございます。


見てくれはなかなか格好の良いタブレットさんです。標準装備として無線LAN、内蔵スピーカー、内臓マイクと、microSD、miniHDMI、microUSBといったポートを装備しております。また、別途ケーブルこそ必要ですが、miniHDMIがあるので液晶モニターに繋いで動画や画像などを鑑賞することも可能です。その他、3.5mmのヘッドフォンも使うことが出来ますよ。この辺の基本機能はドスパラ製7インチタブレット「Diginnos Tablet DG-Q07S」と一緒のようです。

そして、肝心なこのタブレットさんの基本性能ですが、OSは「Android 4.1」、プロセッサーは「Rockchip  RK3188 (Quad Core Cortex-A9  +  Mali-400MP4)」、メモリ1GB、記憶領域は16GB(システム領域を含む)となっています。また、本体の重量は約544gで、厚さは8.5mm、バッテリーの連続駆動時間は6時間です。

特徴的なのがドスパラ製7インチタブレットである「Diginnos Tablet DG-Q07S」の時よりも、記憶領域とバッテリーの持ち時間がなんと倍になっているところです。うむむ。出来れば「Diginnos Tablet DG-Q07S」もこの性能を保持した状態で出して欲しかったですね・・・。記憶領域が16GBなので、まだまだ容量不足な面も無きしもあらずなところと、メモリは相変わらずの1GBではございますが、これだけの基本性能と10.1インチ大画面ディスプレイ持ちでありながらお値段が19980円で済むならば、充分お買い得といえるのではないでしょうか。

Diginnos Tablet DG-Q10S」は注文を確定させてから24時間以内でこちらに届きますので、すぐにでも使うことが出来ますよ。世の中に無数にある10.1インチタブレットの中では、比較的コストパフォーマンスの良いタブレットですので、「10.1インチタブレットをお試しで使ってみたい!」という方にもオススメです。

<管理人のコメント及び感想>
「10.1インチタブレットのくせに値段19980円はなの?安っ!」と思ったのが最初の印象。もちろんメモリ1GBで記憶領域も16GBと心もとないところがあるのですが、それを差し引いても無茶をし倒さないのであれば、充分すぎる性能だなとは思いました。

ただ、バッテリーはもう少しだけ持たせたいので、このタブレットを使うのであれば、ぜひセットでソースネクスト製のアプリ「超節電」を入れたいところです。1880円の追加出費こそかかってしまいますが、タブレットに超節電のアプリを入れておくだけで、自動的に無駄な電力消費を抑えてくれますから。(詳しい性能はこちら

なお、この「Diginnos Tablet DG-Q10S」さんも19980円の格安高性能さんでオススメな一品なのですが、実はそれよりもはるかに性能が強力でイチオシな10.1インチ大画面タブレットにソニー製の「Xperia Tablet Z」がございます。こちらは画面の解像度が「1920 x 1200」と高く、防水仕様で、メモリ2GB、記憶容量32GBと性能面で一歩上をいっています。もっともその分、59800円(税込・送料込)と3倍近く値段も上がってしまうのですけどもね。「お金はあるから、もっと性能の良いタブレットが欲しい!」というならば、間違いなくこちらでしょう。

安さを取るか、性能を取るか。どちらも同じ10.1インチ大画面タブレットであることには変わりありませんから、ご自身のタブレットの使用頻度や使う用途に応じて(もちろん財布の懐具合もですが)、最適な一台を選びたいものですね。