<おすすめ記事>

  1. 10万円未満で買えるコスパの高いおすすめ高性能ノートパソコン
  2. 税込8万円台で第7世代CPU搭載の17.3型ノート~「HP 17-x100」
  3. 9万円未満で第7世代CPU&SSD256GB搭載の15.6型ノート~「ThinkPad E570」
  4. 税込10万円未満でSSD256GB搭載の13.3型ノート~「Altair(アルタイル) F-13」!
このエントリーをはてなブックマークに追加

当サイト「格安&高性能モバイルノートパソコンガイド」を日々サイト運営をしていく中で気づいた「よく売れてるノートパソコンの売れ筋傾向」をこの記事にまとめておきます。

ノートパソコンを実際に買い求めるお客様の要望・ニーズは多岐にわたるのですが、その中でよくよく傾向を分析してみると、大体2つのパターンに分かれることが多いですね!

スポンサーリンク

5万円未満で買える11.6型以下の持ち歩き用ノートパソコン

まず一つめは「持ち歩き用に軽いノートパソコンが欲しい!でも、あくまで外で書類を作成したり、ブログ記事作成用に使う程度なので、5万円未満で安く抑えたい!」というパターン。

このパターンに該当する方が重視するのは「重量・バッテリーの持続時間・安さ」の3つです。代表格と言えばこのお方でしょうか。

参考記事:
「ASUS Eeebook X205TA-DBLUE10」「ASUS Eeebook X205TA-RED10」「ASUS Eeebook X205TA-WHITE10」の3種類が最新OSを搭載してご出陣!

5万円未満で購入出来て、重量が約980gと軽く、バッテリーの持続時間は約10時間以上とまさに「5万円未満で買える11.6型以下の持ち歩き用ノートパソコン」の理想形を満たしているノートパソコンと言えるでしょう。

ちなみにこの「ASUS Eeebook X205TA」さんはeMMC(記憶領域)が32GBしかないという欠点があるのですが、このパターンに当てはまる方は書類作成用ぐらいにしか使わないので、あまり記憶領域の容量を気にしない人が多いのも特徴ですね。(写真のデータとかはオンライン上で管理する人が多いのもこのパターンに該当する人の特徴です)

他にも同業他社様のノートパソコンで類似品を取り上げるとすれば、日本HP製の「HP Stream 11-r000」が該当します。

参考記事:
「HP Stream 11-r000」は3万円台の使える最新モバイルノートです!

こちらも重量約1.18kgと軽く、バッテリーの持続時間が10時間以上で、お値段は3万円台と安いため、当サイトでも大人気沸騰中ですね!

ちなみに今、当サイトでよく売れているノートパソコンは下記のモデルになります。

参考記事:
「ASUS Eeebook X205TA-B-DBS」様が「Microsoft Office」を搭載してアウトレットで絶賛発売中!(数量限定)

先ほど述べた「ASUS Eeebook X205TA」さんの旧式モデルにあたるのですが、スペック的にはそんな大差はなく、かつ 「Microsoft Office Home and Business Premium プラス Office 365 サービス」を標準搭載しているのにも関わらず、5万円未満で買えるため、当サイトではよく売れますね!

もちろん「『Microsoft Office』なんていらないよ!」という方もおられるのですが、この「5万円未満で買える11.6型以下の持ち歩き用ノートパソコン」のパターンに該当する人は外で書類を作成することが多いため、「『Microsoft Office』が入っていると嬉しい!」と感じる方が比較的多いのもこの層の特徴ですね。

あくまで優先は「お値段 > 『Microsoft Office』搭載」なので、5万円を超えるならば「『Microsoft Office』はいらない!」となるのですけどね。ただ、「『Microsoft Office』が搭載されて5万円未満だと嬉しいな!」と感じる方が多いのもまた事実ですね!

「5万円未満で買える11.6型以下の持ち歩き用ノートパソコン」
このトレンドはたぶん今後も続くでしょうし、世の中には私のようなサイト記事を執筆する方も多いため、しばらくはこのトレンドは無くならないでしょう!

10万円未満で買える15.6型以上の据え置き用大画面ノートパソコン

もう一つ目は「10万円未満でそれなりのスペックを持っていて、かつ15.6型以上の大画面液晶を搭載しているノートパソコン」を求めるパターンです。

このパターンに該当する方が重視するのは「安い・基本スペックが高い・大画面液晶持ち」で、かつ家で据え置きで使う方が多いので、バッテリーの持続時間は気にしない人が多いのが特徴ですね。

例えば、当サイトで実際売れまくっているノートパソコンで、一つ実例を挙げさせてもらうと、「X550ZE-FX7600」が該当します。

参考記事:
ASUS「X550ZE-FX7600」アウトレットは、5万円で購入可能なやり手のノートパソコンです!(数量限定)

CPU「インテル Core i7」相当の高速APU搭載&グラフィックボード搭載なのに5万円で買えることから、当サイトでも実際によく売れているノートパソコンです。

バッテリーが約3時間しか持たないのが欠点なのですが、実際に当サイトでよく売れている現状を見る限り、あまり気にされている様子は無いですね。家で据え置いて使うためでしょう。

他にも、レノボの「ThinkPad E550」なんかもこのパターンに該当します。

参考記事:
「ThinkPad E550」が価格改定で10万円未満で買えるお買い得ノートに変身です!特にハイパフォーマンスパッケージ版にSSDを搭載すると恐ろしい15.6型ノートパソコンと化しますよ!

こちらはお値段9万円近くかかるものの、SSD192GBを搭載出来るため、同じく人気の大画面ノートパソコンさんですね。このように「10万円未満である程度のスペックを持った15.6型以上の大画面ノートパソコン」を求めてくるのが特徴です。

「10万円未満で買える15.6型以上の据え置き用大画面ノートパソコン」
このトレンドも今、しばらくは続きそうですね!

まとめ

超大雑把に「売れてるノートパソコンの売れ筋傾向」を言ってしまえば「軽量ノート」か「大画面ノート」かということです。

そして、軽量ノートは「5万円未満で軽くてバッテリー持ちの良い一台」を求め、大画面ノートは「10万円未満で高スペックで大画面な一台」を求める人が多いということです。

もちろんその他にも「オンラインゲームで遊べるノートパソコンが欲しい!」とか「1kg未満の軽量ノートパソコンじゃないと嫌だ!」といった要望を持っている方もいらっしゃるでしょうが、大別してしまえば「軽量」か「大画面」かには分けられてしまいますね。

多少なりとも参考になれば幸いです。

スポンサーリンク