<おすすめ記事>

  1. 10万円未満で買えるコスパの高いおすすめ高性能ノートパソコン
  2. 税込8万円台で第7世代CPU搭載の17.3型ノート~「HP 17-x100」
  3. 10万円未満でCorei7&GTX1050搭載の15.6型ノート~「FRONTIER NZシリーズ」
  4. 6万円弱でメモリ8GB&Corei5搭載の15.6型ノート~「Ideapad 510」
  5. 税込10万円未満でCorei5&SSD256GB搭載の13.3型ノート~「ideapad 710S Plus」
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!とろろ(@tororo05304029)です。

最近、レノボ製15.6型ノートパソコン「ideapad 510」さんの方が同じくレノボ製15.6型ノートパソコンである「ThinkPad E570」よりも人気と売上が出ているという現実があるようです。(2017年6月1日現在の話ですが)

あくまで私が運営しているこの「おすすめ格安高性能ノートパソコンガイド」での分析結果によるものですけどね。なかなか興味深い結果になってますね!

これは「SSD搭載モデルよりも少しでも安いノートパソコンの方がいい!」ということの表れでしょうか?

ひとまずは「ideapad 510」と「ThinkPad E570」、それぞれのノートパソコンの特徴を見ていくことにします。

「ideapad 510」さんの基本スペック

まずは「ideapad 510」さんのスペックを列挙しておきます。

製品名(型名) Ideapad 510
ディスプレイ 15.6型フルHDノングレア(非光沢)IPS液晶(LEDバックライト)搭載。
解像度は「1920×1080ドット」。
また、IPS液晶なので、斜めから見ても画像映りが綺麗です。
OS Windows 10 Home 64ビット – 日本語版
CPU インテル Core i5-7200U プロセッサー(2.50GHz 2133MHz 3MB)
メモリ 8GBです。 仕様:PC4-17000 DDR4 2133 MHz
記憶領域 HDD500GBです。
ドライブ DVDスーパーマルチドライブ搭載です。
グラフィック インテル HD グラフィックス 620(CPU内蔵)
ワイヤレス IEEE802.11ac/a/b/g/n + Bluetooth 4.1
高速無線LAN内蔵です。
外部ポート 外部出力ポート「HDMI×1、VGA×1」
USBポート「USB3.0x2、USB2.0x1」
RJ-45×1
電源ジャック
4-in-1メディアカードリーダー(SD、SDHC、SDXC、MMC)
マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
サイズ 幅379mm×奥行き260mm×高さ22.9mm
重量 約2.2kgです。
バッテリー
駆動時間
約5.1時間。なお、充電時間は約3.5時間です。
無料の
保証期間
1年間です。
価格 通常91800円のところ、割引価格62424円(税込・送料無料)で購入可能!
その他 「ACアダプター、電源コード、保証書」付属
キーボード「日本語キーボード(テンキー付き)」
ポインティングデバイス「TrackPoint + ThinkPadクリックパッド」
「HD720Pの高画質カメラを搭載」内蔵
スピーカー「デジタルマイクロフォン/ステレオ・スピーカー、
DOLBY ADVANCED AUDIO v2対応」

簡単に言えば「ideapad 510」さんは「税込6万円弱で買える高コスパな15.6型ノートパソコン」ですね!

カスタマイズが出来ないのが難点ですが、それを差し引いても余りあるコスパの高さによりいい感じに売れている15.6型ノートパソコンだったりします。

「ThinkPad E570」さんの基本スペック

対する「ThinkPad E570」さんは下記のような感じですね。

製品名(型名) 「ThinkPad E570」FHD搭載バリューパッケージ
ディスプレイ 15.6型フルHDノングレア(非光沢)IPS液晶(LEDバックライト)搭載。
解像度「1920×1080ドット」。
IPS液晶搭載なので、斜めから見ても画像映りが綺麗です。
OS Windows 10 Home 64ビット – 日本語版
CPU インテル Core i5-7200U プロセッサー(最大3.1GHz,3MB)
メモリ 8GBです。 仕様:PC4-19200 DDR4 SDRAM SODIMM
記憶領域 SSD256GBです。
ドライブ DVDスーパーマルチドライブ搭載です。
グラフィック インテル HD グラフィックス 620
ワイヤレス IEEE 802.11ac/a/b/g/n ワイヤレスLAN (WiFi準拠)1×1 + Bluetooth 4.1
高速無線LAN内蔵です。
外部ポート 外部出力ポート「HDMI×1、VGA×1」
USBポート「USB3.0×2、Powered USB2.0×1」
RJ-45×1
マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
4-in-1メディアカードリーダー(SD、SDHC、SDXC、MMC)
サイズ 幅379mm×奥行き261mm×高さ25.4mm
重量 約2.3kgです。
バッテリー
駆動時間
最大約11.3時間と長持ちです。
無料の
保証期間
1年間です。
価格 割引価格84661円(税込・送料無料)にて購入可能!
その他 テンキー付き日本語キーボード内蔵(英語キーボードに変更可能)
ThinkPadクリックパッド、指紋センサーあり
「HD720Pの高画質カメラを搭載」内蔵
ステレオスピーカー内蔵
インテル ハイデフィニション・オーディオ(Dolby Audio Premium機能付き)

簡単に言えば「税込8万円台で買えるSSD256GB搭載の15.6型ノートパソコン」です。

「ThinkPad E570」さんは「ideapad 510」さんと違ってカスタマイズの幅が広く、自分の好みに合わせてスペックを変えたり、オフィスを追加することが可能です。

一件すると「ThinkPad E570」さんの方が人気が出そうな物ですが、実際には「ideapad 510」さんの方が売上も集客も上なようです。

2017年6月6日現時点では安い15.6型ノートパソコンに分があるのか?

「ideapad 510」さんと「ThinkPad E570」さん。上記の表を見比べてみれば分かると思いますが、実は違いがそんなにありません。

違いを簡潔に述べるとするならば、

■「ideapad 510」
⇒カスタマイズ不可で「ThinkPad E570」バッテリーの持続時間がやや劣るが、その分、税込6万円弱とお安い。

■「ThinkPad E570」
⇒自由自在のカスタマイズが可能(オフィスの追加搭載も可能)でバッテリーもやや長持ちするが、その分、税込8万円台と高い。

と言ったところでしょうか。

どちらも一長一短がありますが、現実として「ideapad 510」の方が人気があるということは「同じディスプレイサイズで似たような性能のノートパソコンであれば、SSD搭載モデルよりも安い方がいい!」という仮説は立てられますね!

あなたは「ideapad 510」派?それとも「ThinkPad E570」派?

税込6万円弱とお安くてスペックバランスも良好だけどカスタマイズの出来ない15.6型ノートパソコン「ideapad 510」さん。

片や税込8万円台でバッテリー持ちも良く、SSD搭載でカスタマイズも自由自在な15.6型ノートパソコン「ThinkPad E570」さん。

あなたならどちらを選びますか?

出せる予算にもよるのでしょうが、私だったら「ThinkPad E570」を選びますね!3年スパンの長い目で見た時に「ThinkPad E570」の方が快適そうだからです。

ただ、本当、人によってこの辺の答えは変わってきそうですね。試しに身近な人に「どちらの方が心惹かれますか?」と聞いてみるのも面白いかもしれませんね!

最後に一言だけ

この結果はコスパ重視でノートパソコンをご紹介している「おすすめ格安高性能ノートパソコンガイド」の分析結果によるものなので、例えばレビューを中心に紹介しているサイトとかですと、また違った分析結果になるかもしれません。

あくまで「一参考意見として」受け止めてもらえれば幸いです。(だから「いやいや!そんなことは無いから!」といった否定意見は全然OKです)

↓レノボお買い得クーポン

↓「Ideapad 510」の詳細はこちら!

↓「ThinkPad E570」の詳細はこちら!

スポンサーリンク