ノートパソコンとタブレットの完全な融合を果たした「TAICHI 31」が69800円(通常価格は139800円)という破格の値段でASUSのアウトレットショップで販売されております。・・・って、何で半額でウルトラブックが売っているの?(笑)箱破損品とはいえ、安売りし過ぎでしょう!またもや「ASUSアウトレットショップクオリティ」発動ですね!

基本性能はOSが「Windows 8 Pro」、CPUが「インテル Core i5-3317U」プロセッサーで、記憶容量がSSDの128GB、メモリー4GBとなっております。もちろん無線LANやWEBカメラも標準搭載です。

ディスプレイは13.3型のサイズで、解像度「1920×1080」の高精細フルHDとなっており、しかもノートパソコン面はノングレア(非光沢)となっています。重さも約1.56kgとノートパソコンの中ではそれなりに軽い(ウルトラブックなので)ので、性能は良い方でしょう。

バッテリーの持ち時間が約6時間弱とやや貧弱なものの、69800円(送料は別途525円かかりますが)でこの性能ならば、どちらかというとお買い得な方ではないでしょうか。

でも、やっぱり売れないのはそのデザインなのでしょうね。写真を見てくれれば分かると思いますが、ノートパソコンの画面のちょうど後ろにタブレットの画面がそのままきている構造となっております。この形を持ってして「ノートパソコンとタブレットの完全融合~」と言いたいのでしょうが、これはちょっと見た目が悪いですね・・・。

ノートパソコンとして使っていても、タブレットの画面が真っ暗とはいえ、後ろ側にうつるわけですからね・・・。半額でたたき売ってしまった理由はどうもこの辺にありそうです。そうでなければ、性能面と比較してあまりにも安くてお買い得すぎますから。逆を言えば、デザインさえ気にしないのであれば、この商品はある意味「買い!」の商品かもしれませんね。

「TAICHI 31」はアウトレット品なので箱は破損しているのですが、本体は新品同様に使い倒すことが出来ます。格安で高性能なノートパソコンをお探しなのであれば、こういった商品をチェック対象に含めてもいいのではないでしょうか。(デザインの悪さを気にしなければですが)

<管理人のコメント及び感想>
「デザインが悪い悪い~」なんてところどころで言っている管理人ではありますが、ある意味斬新さが目立ってていいかなとも思ったのがこのウルトラブックです。というかこんな形のノートパソコンなんてあったんですね。初めて見ました。

ある意味でASUSの挑戦精神が取れるとも言えるこのパソコンですが、デザインが若干悪いことと、バッテリーが6時間弱とやや心もとないことを除けば、実は69800円(税込)のわりにはトータルで見ると比較的高性能な商品だということに気づきます。さすがに通常価格の139800円(税込)では高すぎるかなとは個人的に思いますが、デザインを気にしないのであれば、このようなパソコンを使ってもありかもしれませんね。

というか、あえてこのような形をしたノートパソコンを相棒として持っていると、他の人から「お前、変わったノートパソコン使っているな」ということで、逆に目立てるかもしれません。そういった個性の主張を狙って、買ってみるのも面白い選択かもしれません。何度もいいますが、デザイン以外はコストパフォーマンスの優れた性能の良いパソコンですから。

ただ、ノートパソコンとタブレットの完全融合が逆に裏目に出ていて、重さが約1.56kgではノートパソコンとしては軽くても、タブレットとしては重くて、両手持ちでもさすがにずっしりくるので使いづらいと思われます。なので、タブレットとしても一応は使えますが、あくまでノートパソコン(ウルトラブック)と割り切った方が使いやすそうですね。

今現在、ASUSアウトレットショップで販売中の「TAICHI 31」は数台限定での販売です。ただし、もし商品のリンクが切れていたら売り切れですので、ご了承くださいませ。(少なくとも2013年の年度内は残っていると思われます)

なお、「ASUSアウトレットショップ」では、時折、こうした「お買い得なのだけど、何かしらの訳あり」なタブレット及びノートパソコンを不定期に不意打ちのような形で販売されますので、安くて質の良いパソコンやタブレットをお探しの方はこまめにチェックされることをオススメします。

追記:
ただいま、この商品はASUSアウトレットショップ上で販売を停止しております。申し訳ございません。ただ、類似品が当サイトの「アウトレットカテゴリー」にある場合もございますので、よろしければ閲覧してみてくださいませ。

スポンサーリンク